アメリカ→官邸→マスコミによる支配
165315 ナベツネを叩かないマスコミ
 
疾風怒濤 ( 28゜22’25”N ) 07/11/15 PM08 【印刷用へ
民主党:小沢氏が「さる人」発言するまでは、散々マスコミで噂していたナベツネ疑惑。しかし、小沢発言以降、ナベツネの関与が公になったにも関わらず、逆に真実を追求しようとしないマスコミ。
身内には甘いということか、はたまたナベツネの先にあるアメリカの圧力に首を突っ込めないからか?

いづれにしてもご都合主義のマスコミ。
事実追求に向かわない(向かえない)マスコミは不要だ。

【「さる人・ナベツネ」がこの世から去る人になる前に・・・ 真実報道宣言!】らんきーブログリンク

>>
そうやって素人目線で政治を見るとオカシナ事って山ほどありますよね。
例えば、今回の小沢騒動にしてもいまだに、渡邊恒夫批判がマスコミであまり流れ出ない。
読売新聞や日本TVにジャーナリストを名乗る資格があるのかという大問題ではないの?
民間のマスメディアのTOPが権力の行方を握っていたなんてとんでもない話では???
そこを無視して、連日どうでもいいニュースをマジメな顔して垂れ流してるTVって一体・・・。
メディアがメディアを批判できないようでは終わりである。真実は流れるわけが無い。
こういう構図(メディアが政治を動かす)を無視している事自体犯罪ではないのでしょうか?
自民党や民主党の支持率を調べるよりも読売の購買率の特集でも組めよ!w
「どんどん下がってますね〜」くらい(笑)

結局、政治家を選挙で私らが選んでも裏で、ナベツネのような誰からも支持されていないようなジイサン連中が暗躍できるのでは何も変わらない。この構図をTVマスコミで大きく報道する事ができないなら報道なんて辞めてしまえ。一体ナベツネ批判は誰に守られているのか?
この国の政治を大きく動かそうとした人間、渡邊恒夫。国民からの支持は無い人である。
そして小沢一郎が「この世から近々去る人」・・・いやw「さる人」と言ったし、鳩山由紀夫は名指しでナベツネと言った。もう完全に裏で画策したって割れているじゃないか。
国の政治を国民を無視して画策しようとしたフィクサー気取りのジイサンは選挙違反者だ。
何故メディアはナベツネ追求をしないのか?出来ないのか? 
それだけでも今の世の中でメディアを信用する価値が無いのがよくわかる事実である。

結局、マスコミは小沢騒動で思ったよりも民主党の支持率が下がらなかった事から、次の標的を福田康夫にして叩きだすかもしれない。それはそれでいいけれど、いつまでもそんなマスコミでいいのだろうか? マスコミの中にも私らのようなブログを見ている人がいると信じて書きますが、そんな事でいいと思いますか? 正義感溢れる人も大勢いると思います。
色々な業界で内部告発等で、偽装問題が大きく報道されていますが、一番内部告発しなくちゃいけない企業はTV界では? この国の根幹の一部をも握っているのですから。
政治家よりも無責任で、恥知らずで、マッチポンプな人生で楽しいですか?
自公合体政権と共に、くだらないマスメディアも消えてなくなれ! と皆思ってますよ。

国の大事な政治の話を伝える報道機関が、裏で筋書きを作る事。それはヤラセというのだ。
>>リンク
 
  List
  この記事は 165033 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_165315
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
正力、児玉→渡辺(ナベツネ)という米国の日本人工作員 「日本を守るのに右も左もない」 07/11/18 AM10
165428 ナベツネを叩きはじめたマスコミ〜世論誘導すればするほど信頼ガタ落ちの読売 猛獣王S 07/11/17 PM06
165418 マスコミ関係者は情報操作や偏向報道に麻痺している? 匿名希望 07/11/17 PM03
読売新聞の歴史〜正力松太郎という男 「日本を守るのに右も左もない」 07/11/17 AM11
「さる人・ナベツネ」がこの世から去る人になる前に・・・ 真実報道宣言! 「らんきーブログ」 07/11/16 AM10
今日は守屋証人喚問が。+福田訪米と拉致問題と超保守派の動き+浦和 「日本がアブナイ!」 07/11/16 AM01
世論誘導に血道を上げるナベツネ・讀賣 「日本を守るのに右も左もない」 07/11/15 PM11
165333 マスコミが協定するなら我々も・・・ 旅人。 07/11/15 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp