密室家庭は人間をダメにする
164729 コンビニに跋扈するモンスター客
 
tennsi21 ( ♂ 東京 会社員 ) 07/11/05 PM07 【印刷用へ
傍若無人な保護者を「モンスターペアレント」と呼ぶが、コンビニでも「モンスター客」と呼ばれそうな<困ったお客様>も増えているようです。 

以下アエラ11/5号の記事の抜粋より
店はお手上げ、お客様の暴走−コンビニはストレス社会のはけ口か
全国のコンビニ店が加盟する日本フランチャイズ協会によると06年度中に警察に通報した事案は4万8683件に登る。
(万引き窃盗)約1万3千件
(たむろする)約7500件
(不法駐車)約5400件
(女性子供の駆け込み・器物損壊)約4100件
ただしそれ以外に通報しなかった事案が総数の3.5倍の約4万5千件ある。

それは警察沙汰までには至らないが「困った客たち」が起こすこと
以下事例
・店の駐車場に車や自転車を長時間置きっぱなし
・商品を買い食いしながら立ち読みする
・寝転がって雑誌を読む
・毎日買い物もしないのにトイレを使用し汚す
・トイレを他の目的で使う(男性客やカップルに多い)
・サンプルでない商品を勝手に使う
・特定の店員(女子大生)を目当てにくる未成年の集団
・釣り銭を財布に入れた後「足りない」と騒ぐ
・両替を断ると1万円でチロルチョコ1個買いを繰り返す
・手に取った商品を全く別の場所へ戻す
・毎回「タクシー呼んで」という
・店内でかくれんぼするカップル
・おつりを渡すとき手をぎゅっと握ってくる
・意味なくキレる
・おまけのフィギィアを集めるため商品を壊して探す

あるコンビニチェーン本部の店舗経営指導員はこういっている。
最近は未成年に限らず、ストレス発散やゲーム感覚で万引きやマナー違反をする『大人』が増えていると。

コンビニでもお客様は神様であると教えられている。
クレーマーはいつまでも消費者で居続けることができる。
彼らの「頭の中の密室」(152572)を許している限り、信じられない行動は後を絶たない。
むしろ警察沙汰にならないだけにやっかいである。
自己中という頭の中の密室は、どこまでも自分の責任を棚に上げて批判ばかりできてしまうのだと思います。
 
  List
  この記事は 152572 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_164729
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
174865 何が欠けてそうなるんでしょう? 匿名希望 08/04/23 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp