生物の起源と歴史
164195 脊椎動物以前の生物はオス・メス固定度が低い
 
雪竹恭一 ( 45 大阪 営業 ) 07/10/27 AM00 【印刷用へ
動物界の進化系統樹

■三胚葉性        旧口動物 新口動物
               ┃   ┃
               ┃   ┃━【魚類以降の脊椎動物】
        【軟体動物】━┃   ┃
     貝類、タコ、イカ  ┃   ┃ 
               ┃   ┃※原索動物以降が脊索動物
        【環形動物】━┃   ┃━【原索動物】
   ヒル、ミミズ、ゴカイ  ┃   ┃  ホヤ、ナメクジウオ
               ┃   ┃
        【節足動物】━┃   ┃━【棘皮動物】
エビ、カニ、クモ類、昆虫類  ┃   ┃  ナマコ、ヒトデ、ウニ
               ┃   ┃
        【線形動物】━┃   ┃
  センチュウ、カイチュウ  ┃   ┃
               ┃   ┃
        【輪形動物】━┃   ┃
 ツボワムシ、ネズミワムシ  ┃   ┃
               ┃   ┃
        【扁形動物】━┃   ┃
  プラナリア、サナダムシ  ┃   ┃
               ┗━┳━┛
■二胚葉性            ┃━【刺胞動物】
                 ┃  ミズクラゲ、イソギンチャク
                 ┃  サンゴ、ヒドラ
                 ┃
■無胚葉             ┃━【海綿動物】
                 ┃  カイロウドウケツ、カイメン
                 ┃
                 ┃
                 ┃
■単細胞生物        【原生動物】
       アメーバ類、鞭毛虫類、繊毛虫類、胞子虫類
                 ┃
               【細菌類】(原核生物)
             真正細菌、古細菌 



進化系統樹上で、再整理してみると、
・雌雄異体の有性生殖のみになるのは、旧口動物が概ね【節足動物】以降、新口動物が概ね【魚類以降の脊椎動物】以降。(但し、例外あり。)
・それ以前の動物では、雌雄同体のみの動物と雌雄同体と雌雄異体を並存させている動物があり、それらは共通して、単為生殖と有性生殖を並存させている。(生物界全体では有性生殖のみの方がむしろ特殊。)

・雌雄同体/雌雄異体という分類で整理してみた場合、雌雄同体が基本の動物は、概ね【海綿動物】【刺胞動物】【扁形動物】【輪形動物】まで。(但し、【刺胞動物】のクラゲやイソギンチャクは無性生殖世代は雌雄同体だが、有性生殖世代は雌雄異体。)【線形動物】以降は雌雄異体が増えてゆく。
・但し、【環形動物】では、ミミズ、ヒル類の中には雌雄同体のものもいる。有性生殖が基本だが単為生殖も残存している。【原索動物】のホヤは雌雄同体。【魚類】でも一部に雌雄同体で性転換するものが残っている。


脊椎動物以前の生物というのは、【原索動物】(魚類より前)までの生物のことを言うが、これらの生物はオス・メスが明確に固定されているわけではない。

おそらく、オス・メス分化の固定度は、生殖細胞と体細胞の分化と密接に関係している。生殖細胞と体細胞の分化度が低い動物は、雌雄同体で同一個体で精巣も卵巣も持っている動物が多く、オス・メス固定度は低い。生殖細胞と体細胞の分化が進み、生殖専門器官が発達している動物は、雌雄異体という形でオス・メスが固定されてゆく。

脊椎動物以前の生物に共通していることは、運動機能がそれほど進化していないということだ。(脊椎動物は、運動機能やそのための情報系の機能などが著しく進化している。)おそらく、運動機能を進化させようとすれば、高度な体細胞の分化が必要であり、体細胞の分化を高度に推し進めるためには、生殖細胞と体細胞の分化を推し進める必要があったのであろう。
 
  List
  この記事は 163720 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_164195
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
オスとメスの違いって何?(4)〜なぜ哺乳類・鳥類は性染色体でオス・メスが決まるの? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/02/06 AM00
173327 オスメスの脳差について〜現在明らかになっている部分 田野健 08/04/01 AM11
オス・メスってどうやって決まるの?? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 08/01/19 AM03
166003 魚類から進化した両生類 2U 07/11/27 AM02
「体内受精」と「体外受精」 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/11/16 PM06
動物の再生細胞と非再生細胞――闘争と死の必然(1) 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 07/11/08 AM07
164201 動物は生殖能を限定する方向で進化してきた 岩井裕介 07/10/27 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp