健康と食と医
163853 乳がんの急増〜その原因には「原発」の存在も大きく関係している
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/10/20 PM08 【印刷用へ
『乳癌とピンクリボンと市場原理・原発は無関係か』(JANJAN)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
●ピンクリボンキャンペーン

一時期より、ピンクリボンという名称で、乳癌の早期発見・早期診断・早期治療の重要さを呼びかけるキャンペーンが張られるようになりました。

端から、そのこと自体を否定するつもりはありませんが、このキャンペーンがある時から急に新聞等のマスコミで大々的に登場し始めたのを目にした時、直感的に市場原理や商業主義の意図が感じられていました。

確かに、女性の乳癌は年々増加の一途を辿っており、従って早期発見、早期診断、早期治療は重要とは思います。しかし、なぜ乳癌の異常なまでの増加している事の原因に対して、注目が向けられないのでしょうか。癌対策を真剣に考えるのなら、その事にこそ最も力を注ぐべきでしょう。ピンクリボンキャンペーンにおいては、何故か、そのことに関しては殆ど関心がないかの様に思われます。

●乳癌と原発

この乳癌に関しましては、次のような事例が報告されています。

かつて、1950年から1989年までの40年間に、アメリカにおける白人女性の乳癌死亡者数が2倍になった事が公表された時、その原因究明を世論から要請されたアメリカ政府は、乳癌増加の原因が、戦後の石油産業、化学産業などの発展による大気汚染と水の汚染など、文明の進展に伴う止むをえない現象と発表しました。

しかし、統計学者J.M.グールドは、報告に使われた統計処理方法に不審を抱き、全米3053郡が保有する40年間の乳癌死亡者数を全てコンピューターに入力し、その結果、乳癌の増加率には地域差が有り、増加している1319郡に共通する要因として、郡の所在地と原子炉の存在との間の相関関係が存在する事を見つけ出しました。

乳癌が増加した地域は、その範囲が原子炉(※)から半径100マイル(約160km)に及ぶ事を突き止め、グールド氏らは著書「内部の敵」の中でその事実を明らかにしました。(※ 軍事用、発電用、研究用の如何を問わない)

●日本の顕著な乳癌増加

では一方、日本の場合はどうでしょうか。

日本の女性の乳癌死亡率としては、1950年から2004年までの間に、実におよそ5倍に迄も増加し続けています。この本当の原因については、今だきちんと追求されずのままです。

しかし、アメリカの上記事例を念頭に考えた場合、今や日本に存在する55基もの原子力発電所の状況は、アメリカを遥かに凌ぐ密集度である事が見えてくる筈で、アメリカ以上の濃い放射能汚染に曝されている状況にある事が見えてくる筈です。(関連記事:かくされてきた被曝「ぶらぶら病」リンク

●癌増加を利益に繋げる商業主義

最近、生保会社、マンモグラフィー等の乳癌検査機器メーカーによる、新聞紙面への大広告が新たに前面に出てきた観があります。

大手電気メーカーによるマンモグラフィー(X線診断装置)等のコマーシャルは、医療機関などへの売り込みを意図するものであったり、一般人への乳癌検診等の受診を促そうとの意図によるものかと思います。

この大手電気メーカーは、同時に今や、世界最大手の原子炉製造メーカーでもあります。私からすれば、一方で原発から放出する核分裂生成物で、乳癌の原因物質をばら撒きながら、もう一方で、乳癌検診のための診断機器を売ろうという構図に見えてなりません。しかも、このマンモグラフィーでさえも、検査の際、間違いなく人体への被曝を伴う行為となります。

●医・産複合体

一方、医療界にも、根本の原因を追求しようとする姿勢はあまり感じられません。

出てきた結果にどう対処するかばかりに力が注がれている気がします。癌の薬物療法をアピールする広告等も然りです。今の医療制度では、原因の除去による予防は、殆ど評価されず、力が入らないのかもしれません。

私の感覚では、今、医療界は製薬メーカー、医療機器メーカーと一体化し、医療本来の有り様からどんどん変質が進んでいる気がします。軍・産複合体という用語がありますが、医療界は、今や医・産複合体とでも言える構図が覗えます。

中には、そうでない医療者もおいでになるかもしれません。しかし、全体としては、このような状況にある様に思います。日本は、患者に対する医療被曝線量が世界で最も高い国と言われます。患者に対する薬剤使用量も桁外れに多い国と言われます。

●市場原理の触手

商業主義や市場原理による、医療や教育や福祉の場での自由な振舞いがこのまま続くなら、それらの本来のあるべき姿から、似ても似つかぬものへと変質されてしまう事となるでしょう。

商業主義や市場原理は、巧妙に、あらゆる分野にその触手を延ばしています。あるキャンペーンが大々的に張られる時は、どのような意図が働いているのかを十分に洞察する必要がある様にも思われます。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 163193 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_163853
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
251827 かくされてきた被曝「ぶらぶら病」 猛獣王S 11/05/22 PM07
228354 乳癌病死者の三分の二が原子力発電所から半径160km 猛獣王S 10/03/15 PM09
185059 「事故米」の転売開始と「原発性肝癌」増加の時期が一致するようだが 猛獣王S 08/09/07 PM09
166875 原発周辺の5歳未満児、がん発生率が6割も高い 猛獣王S 07/12/11 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp