アメリカ→官邸→マスコミによる支配
163701 強烈なキャラが欲しいだけのマスゴミ
 
疾風怒濤 07/10/18 PM08 【印刷用へ
いわゆる亀田問題は、マスゴミが亀田家という格好のキャラを弄んだに過ぎない。
強烈なキャラを囃し立て、都合が悪くなると批判し、切り捨てていく。
テレビの世界では、俗に言う一発屋といわれる芸能人がこの類。
一時期盛り上がればそれで十分、使い捨てなのである。

>全てがバラエティ体制のマスメディアリンク

まさしくその通りで、今や芸能だけでなく、ニュース等全てにおいてキャラを囃し立てる事が横行している。

そして、そんな中身の無い報道を見聞きしているうちに一億総白痴化が進んでいく・・

「間違っていたらやり直す事が出来る! それが民主国家だ!人生だ!」
らんきーブログリンクより

亀田親子を放任したTBSだけではなく、今更になって叩く他のTV局も同罪である。
結局は、亀田親子しかり、朝青龍や相撲協会しかり、小泉ペテン一郎しかり、全て同じ構図だ。TVが取り上げて持ち上げたり騒いだりするものに「真実」「正義」は存在しない!!
面白ければそれでいい。全てがバラエティ体制のマスメディアに責任の半分はある。

本当に面白ければそれでいいのだろうか?よ〜〜く考えてみてください、メディアの方々。
視聴率は政府命名B層率かも知れない。それくらいここ数年くだらない番組は増えた。
クイズ番組では小学生でもほとんどがわかる問題を大の大人がわからない。そして笑われる事で喜びを得、恥とも思わない、感じない芸人タレント。いいのか?そんなレベルで。
それを見る視聴者に何を訴えたいのか?「勉強なんて出来なくてもいいんだよ」か。
最低限、中卒・・・じゃ、ほとんどいなくなるか(笑) 小学校卒業以上の知的レベルがあるかどうかの試験でもしてからTV番組に出すくらいにしたらどうだろうか?
昔のNHKであったらしい「歌の試験」に合格しないとNHKの番組では歌えない位の試験。
これ以上、公共の番組で恥を知らないバカに言葉を語らせないで欲しいものである。

と、思わず熱くなってしまいましたw それくらい腹立つ番組が多い。
親子間でも、いい面よりも悪い面の方が環境遺伝しやすいとよく思う。
それと同じようにTV等でバカが喋るたびに、画面の向こう側で恥を知らないバカが大量生産され増えているであろう事には堪えられません。政府命名B層以下の芸能人(芸脳無し人)が素人B層を作るだけである。 まるで小中学校の教室の中のような風景をTVで見せられる、こちら側の身にもなって欲しいものだ。世の中はそんなバカで回っていると思うと哀しくなる。
リンク
 
  List
  この記事は 163641 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 ブログ5 ブログ6 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_163701
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
間違っていたらやり直す事が出来る! それが民主国家だ!人生だ!  【現野党による連立政権へ・・・】 「らんきーブログ」 07/10/19 AM00
163705 使い捨てにされた芸能人は共認仲間にできないか? Silentservice 07/10/18 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp