共認運動をどう実現してゆくか?
163427 「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
 
鈴木隆史 ( 42 大阪 技術 ) 07/10/14 AM00 【印刷用へ
●エネルギー問題では、伝統的に石油利権に依って立っているのがロックフェラーであり、したがって石油利権を求めてイラクを侵略した。一方、原子力を推進するのが、ロスチャイルド。温暖化の問題も、石油から原子力へエネルギー構造を転換したいロスチャイルドの思惑で始まったもの。温暖化を煽った米民主党(ゴア)はロスチャイルド系。京都議定書から離脱した米共和党のブッシュが石油会社を主要な支持基盤としている。

●冷戦時代。ソ連や共産主義に対する恐怖・脅威を盛んに煽ることで、石油産業と結び付いたアメリカの兵器産業が潤ったのはいうまでもない。しかしそれだけでなく、アメリカ経済の商品の“購入先”として、西欧経済や日本経済を計画的に復活させて資本主義経済システムに組み入れ、復活させた。そして同時に政治外交の場面から、軍事同盟としてのNATO(北大西洋条約機構)体制や日米安全保障条約を成立させて、アメリカは文字どおり世界覇権国となり、西欧諸国のそれ以上の復活を押さえ込み、日本の属国化を実現した。

●日本の明治維新にもロスチャイルドの陰が見られる。幕藩体制を崩した主力である薩長連合は、坂本龍馬の活躍によるものとされているが、その背景にはグラバー商会による薩摩藩に武器供与がある。グラバー商会はアヘン戦争の原因を作ったマセソン商会を経由してロスチャイルドと繋がっており、龍馬もグラバーの代理人というべき位置にいた。

●日露戦争で日本の国債を引き受けたジェイコブ・シフは、ロスチャイルド家の人間であり、ロスチャイルド家は日露戦争中、シフを通して日本国債を買い、最も利益を上げた。

●ロスチャイルドは、レーニンやレオン・トロツキーといった革命家たちにも資金を援助していた。革命という体制の転覆を支援したのである。第一次世界大戦中の1917年にボルシェビキ革命が成功して、翌年にニコライ2世とその家族が全員銃殺されたが、その結果、ロシアのロマノフ家が保有していた世界最大の金塊は、超安価でイギリス(ロスチャイルド)に流れた。

★20世紀の世界の対立構造を「アメリカ(西側自由主義陣営)対ソビエト(東側共産主義陣営)の対立」として見る癖を私たちは長年意図的につけられてきたが、実はそうではなく、英米の対立にこそ20世紀の対立軸があった。

★つまり、世界はロスチャイルドとロックフェラーの戦場なのである。表面上はイギリスとアメリカの覇権をめぐる争いであり、米国の共和党と民主党の争いといってもよい。

●日本の自民党はロックフェラー系、民主党はロスチャイルド系を意を汲んでおり、今回の参院選はロスチャイルド+ジェイ・ロックフェラーがロックフェラーの本流(デビッド・ロックフェラー)に勝ったということ。

【なんでやならではの気づき】
★不安定さこそが、金貸し達のつけいる先であり、金儲けのチャンスである。そのため、二大勢力は拮抗する勢力を擁立したり、革命を成功させてきた。(ロシア革命、明治維新、冷戦等)

★強大な資本の力に翻弄され、マスコミに共認支配され、自ら考えず、ひたすら消費を貪って市場拡大に駆り立てられているのが現在のわれわれ。しかし、市場拡大は限界であり、社会閉塞そのものである。草の根から自分たちで考え、自分たちで動かせる社会を一緒に作っていこう。

※詳細はるいネットおよび他のサイトを参照。

アメリカ・ロックフェラー系が主導した第二次大戦
リンク

“ロックフェラー”は何を考えているか@:「対テロ戦争というのは詐欺です、茶番なんですよ」
リンク

“ロックフェラー”は何を考えているかA:“ウーマン・リブ”はロックフェラーとCIAの資金によって捏造された運動
リンク

ロックフェラーメモ@1859〜1914:石油産業独占→アメリカ支配へ
リンク

ロックフェラーメモA1919〜1944年:世界運営に乗り出す、イギリス→アメリカへの覇権交代期
リンク

「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」説の研究
リンク

20世紀はアメリカとイギリスの闘いの世紀だった
リンク
 
  List
  この記事は 163426 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_163427
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
学生でもわかる『闇の支配勢力の抗争史』〜第6話〜 ロックフェラー対ロスチャイルド 「日本を守るのに右も左もない」 10/10/10 AM09
169716 ロックフェラー(デビッドvsジェイ)の覇権争いについて 猛獣王S 08/01/26 PM06
168424 金貸したちは国家を不安定にさせる構造にある 土屋範明 08/01/04 AM03
166164 ロスチャイルドとロックフェラーは対立する? 山田太郎 07/11/30 AM00
164005 環境問題を支配構造から考える 本田真吾 07/10/23 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp