市場は環境を守れない、社会を統合できない
162609 「水道水=危険」「ミネラルウォーター=安全」はマスコミによる洗脳
 
西谷文宏 ( 30 和歌山 建築設計 ) 07/10/03 AM00 【印刷用へ
>東京都水道水基準は50項目に対し、ミネラルウォーター基準は18項目。また、鉛、ヒ素、フッ素、ホウ素、亜鉛、マンガン等の基準は、水道水の方が厳しい基準となっています。
>高いお金を払ってミネラルウォーターを買っているのだから、水道水より「安全」というのは、一概に言えないようです。(162533

「水」による発ガン危険性としては、トリハロメタンが有名だが、このトリハロメタンは発ガン性物質として認められた物質ではなく、摂取量・摂取期間と発ガン率の明確なデータは存在しない。また、水道水のトリハロメタン含有量は水質基準によって厳密に規制されている。
トリハロメタンよりも、はるかに発ガンの危険性が高いのは、ヒ素である。ヒ素も水質基準によって厳しく規制されているが、ミネラルウォーターのヒ素含有基準は、水道水に比べて5倍緩い基準となっており、それだけ発ガン性の疑いが高いと言うことになる。(もちろん、全てのミネラルウォーターがヒ素を多く含有していると言うことではないが、実際アメリカで問題になったミネラルウォーターが存在する。なお、有名なフランス製ミネラルウォーターはヒ素含有量が多い)

このようにミネラルウォーターは基準が水道水より緩いだけでなく、横浜市の調査で、国内で売られているミネラルウォーターの一部で、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド(いずれも発ガン性有り)が水道水の80倍の濃度で検出された。(毎日新聞2003年4月20日の記事)
更に、一部のミネラルウォーターから乳幼児の生育に影響を与える硝酸性窒素が検出されたり、実に41銘柄のミネラルウォーターに異物混入が認められた事件もあった。

こうして見てくると、ミネラルウォーターが安全等とは決して言えず、水質基準だけ見れば、むしろ厳密に管理された水道水の方が安全であると言える。
にも関わらず、なぜここまで「水道水=危険」と言うイメージが定着しているのか。そこには、マスコミによる洗脳があるようだ。

朝日新聞は、最初に水道水の発ガン危険性を取り上げ、これまで何度も「反水道水キャンペーン」を展開している。2001年には、水道水に対する信頼性調査を行い、「安全・味ゆらぐ水道」、「若い層に強い不信感」、「大都市部、45%が浄水器」等のセンセーショナルな見出しで、水道不信を打ち出している。鉛配管・水道水へのフッ素混入などを記事で問題にしたのも朝日新聞である。(もちろん水道水の危険性を取り上げているマスコミは、朝日新聞だけではないが、朝日の場合その取り上げ方が徹底している。)

一方で、朝日新聞の記事・広告には浄水器・ミネラルウォーターを推奨するものが多く(参考:リンク)前述したような、ミネラルウォーターの危険性・問題性や、浄水器の危険性・問題性(162584)は一切取り上げていない。

マスコミが、水道水を徹底的に叩く一方で、ミネラルウォーター・浄水器を持ち上げるのは、水道は公営→正面から叩く、ミネラルウォーターはスポンサー→持ち上げと言う構造だろうか?(確かにミネラルウォーターのCMはTVに限らず非常に多い)

マスコミによって広げられた「水道水=危険」のイメージに囚われ、ミネラルウォーターや浄水器に走るのは、自己中そのものの”ウォータービジネス”(161902)にまんまと乗せられてしまっているだけでなく、我々の体を更なる危険性に晒していることに他ならない。「事実追求のスタンス」に立ち、本当の安全性とは何か?を追求していく必要がある。
 
  List
  この記事は 162533 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_162609
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
280817 炎天下のペットボトルで何が起こっている?〜市販のボトル入り「ミネラル・ウォーター」は安全なのか〜 三浦弘之 13/09/12 PM08
【第276号(簡易版)】ミネラルウォーターの価格競争激化。 「英語新聞ウォールストリートジャーナル(WSJ)から見た起業・ビジネスのヒント」 09/09/01 AM11
192777 アルカリブームと水ビジネス〜「とにかく売れればそれでいい。」市場原理の欺瞞性と、ウソを垂れ流し続けるマスコミ。 西田美和 08/11/20 PM06
192328 アメリカの水ビジネス〜2大ブランド「アクアフィーナ」「ダザーニ」のボトル水は水道水と同じお水 猛獣王S 08/11/15 PM04
「水道水=危険」「ミネラルウォーター=安全」はマスコミによる洗脳 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 08/08/12 AM00
174787 ミネラルウォーターも人の手で作られている!! 樫村志穂美 08/04/23 AM06
174681 水道水は飲んではだめだと、いつからか思ってました 匿名希望 08/04/21 PM07
水道水が危険ってホント? 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/11/29 PM10
162976 根本原因の追及と、「どれを飲んだらいい?」という自分中心の思考からの脱却が必要 miya 07/10/07 PM05
162957 そもそも水分補給が必要なのか? 匿名希望 07/10/07 AM11
162942 今までただのモノに値段をつけて市場化する デラウェア 07/10/07 AM01
水って実は・・・ 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/10/06 PM07
162789 洗脳の尖兵技術者とならない為に〜「水道水=危険」 斎藤一浩 07/10/05 PM01
実は、水道水より危険なミネラルウォーター? 「4つの目で世の中を考える」 07/10/04 AM00
162662 発ガン物質としてトリハロメタンなどだけを取り上げるのはおかしい 猛獣王S 07/10/03 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp