アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
161971 19世紀末ユダヤが欧米の政界進出 →国家へ武器売付
 
南風小僧☆ ( 天然おやじ ) 07/09/24 AM01 【印刷用へ
19世紀末はユダヤ人達が欧米諸国の政界に続々と進出していった時代だった。ユダヤ国際資本の通貨支配に触発され、ゲットーに閉じ込められていた下層ユダヤも続々と欧米政府の要職を占め始める。
20世紀初頭の第一次大戦は、彼らのネットワークの大きな成果でもあった。

ヘブライの館より リンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
19世紀末、ユダヤ人たちは興奮した。ユダヤ世界帝国の完成が近いと察知したからだ。19世紀までにユダヤ人国際銀行家たちは、事実上、世界諸政府の通貨をほとんどを支配していた。

1890年当時、世界最大の軍需会社であったイギリスの「ヴィッカース社」は1897年に2社を買収した。買収された会社の大株主だったザハロフは、「ヴィッカース社」の役員を務めることになる。「ヴィッカース社」はロスチャイルド家の持株会社だった。ロスチャイルド家は政府に融資協力する条件として、貸付金の半分を武器調達費用に当てさせた。購入武器の増加は戦争準備の強化につながる。当時の欧州ユダヤの大半が、そのやり方で非ユダヤ諸国に武器を売りつけ、戦争体制を整えさせた。

その一方で、貧しいユダヤ人が続々とゲットーを出はじめた。年間60万人がイギリスへ100万人がアメリカへと移民した。彼らは移民先政府の要職を占めはじめた。イギリス外務省はなまりの強い外国人省と呼ばれた。移民ユダヤ人の一部は各国政府で閣僚の座を勝ちとった。フランス蔵相はクロッツ、イタリアはルザッチ、ドイツはレンベルグ、イギリスはアイザックス、とユダヤ人は軒並み蔵相と法相の座を占めた。イギリスの有給領事館員350人中200人が外国生まれで、120人はユダヤ人だった。

当時、全欧州の政府は、ユダヤ人が国益に影響する機密や特許を最高値をつける者に売ったために、財政スキャンダルやスパイ・スキャンダルに揺れたものだった。非ユダヤ人マルコーニが無線通信を発明すると、ユダヤのアイザックス家が所有権を有利な条件で入手した。アメリカの支部RCAはロシア系ユダヤ人デービット・サーノフが使用権を握った。
(中略)
ユダヤは首相ロイド・ジョージを買収して自在に操った。ロスチャイルド家と懇意のザハロフは、首相に自分の妻を接近させて不倫問題を仕かけた。また、イギリスに流れこんできたハンガリー系ユダヤ人のトレビッチなる男を側近にして、イギリス国教会の牧師兼議員に仕立ててスパイを働かせた。

第一次世界大戦は、ザハロフらユダヤ一族の武器商人らが入念に仕組んだとおりに勃発した。借金と引き換えに武器を背負いこまれた各国政府は、あり余るほどの武器・弾薬を消費した。非ユダヤ人の殺戮が進むなか、ザハロフは莫大な財産を残した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用以上)

以上を参考に整理すると
・19世紀末ユダヤ金融資本の中央銀行支配→通貨支配がほぼ完成する。

・下層のユダヤ人も続々ゲットーを出て、欧米(特に英)の国々の閣僚(特に法相・蔵相)を占め、外交官を占める。(おそらくロスチャイルドなど金融資本の支援があったと考えるのが妥当。)

・ネットワークを使って政府コントロール、大量の武器を売りつけたうえで戦争へ誘導。

・第一次大戦へ

ユダヤは、19世紀末に欧米の政界を支配した。それはロスチャイルドを筆頭とする金融資本の誘導による政界支配・ネットワーク支配と言ってもいいだろう。
それまで、金の力で王族や支配層と金融システムに食い込んでいたユダヤ金融資本(金貸し)が、現在のように政界へ代表を送り込んで直接国家をコントロールすることが可能になったのだ。
 
  List
  この記事は 147847 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_161971
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
239191 マスコミの起源 【その2】放送媒体 火中の栗 10/10/10 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp