素人による創造
161317 生物史から学ぶ『安定』と『硬直』の違い
 
土山惣一郎 ( 49 山口 デザイナー ) 07/09/15 AM03 【印刷用へ
 進化論や生物史の議論では『安定』と『変異』という概念を対立的な図式でよく用います。確かに進化というメカニズムは、種の保存則(=種としての安定的存続)を大前提として、外圧の激変に適応するためのDNAの変異によって新種が誕生することで成し遂げられてきたのは事実です。しかし『変異』にも極大〜極小までその程度は千差万別だし、そもそも種の『安定』のためには許容できる範囲の『変異』は初めから必要条件として組み込まれているように見受けられます。

 このような生命進化の史実を前にすると「じゃあ『安定』って何なんだろう?」という混濁が生じることもしばしばです。

 これは、現代人が『安定』という概念を『不変』という狭い意味でしか理解していないからではないかと最近感じるようになりました。もっと言えば、現代人は『安定』と『硬直』を峻別する構造認識を未だ持ち得ていなかったと言い換えられるかもしれません。 

 確かに、物体の多くは基本的に『硬直的』な存在様式によって成り立っていますから、時間経過の中では劣化or風化するしか手立てがないのですが、生物は『不変』と『変異』を包摂することによって、時間という制約を超えて初めて『安定的』な存在と成り得たと言えます。つまり生物というフェーズは、代謝という分子組み換えのシステム(158453参照)を内在しているとともに、刻々と変化する外圧に柔軟に適応する仕組みも組み込まなければならない等々の理由によって、『安定』=『不変』+『変異』という等式が成立する継続可能な『安定』を新たに開拓したと考えられます。

 それにしても、『安定』という構造を生物史から学ぶ意義は、概して「変化を嫌う」or「腰が重い」という性向が強い現代人にとっては、たいへん重要なのではないかとあらためて感じました。
 
 
  List
  この記事は 161201 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_161317
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
181378 安定と変異という二元論を超えた雌雄の協働性 安藤太地 08/07/16 PM08
178354 「変異と不変を両立」させた造血幹細胞の不均等分裂 喜田育樹 08/06/04 PM01
165877 安定って、ただただ待っていてもえられるものではない!? 上島貫九郎 07/11/24 PM11
なんでや劇場「有性生殖へのみちのり」直前復習〜減数分裂という不思議 「Biological Journal」 07/10/20 PM11
9/30なんでや劇場?『生物の原理 と それを可能にした減数分裂』 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/10/08 PM04
☆仕事にも使える生物の仕組み☆『安定』=『不変』+『変異』  「これからは探求の時代」 07/10/06 PM11
162281 無数の可能性を探索して初めて、外圧に適応した実現体を発掘できる 三輪歩未 07/09/28 PM07
闘う遺伝子 Y染色体 「Biological Journal」 07/09/17 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp