サル社会を解明しよう
1612 真猿の同類闘争と共認機能
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/17 PM06 【印刷用へ
親和(スキンシップ)は皮膚感覚を発達させ、より不全感を解消する効果が高いプラス(快=ドーパミン)感覚回路を親和回路の周囲に形成してゆきました。このプラス回路(ドーパミン)は、全ゆる不全感覚を捨象する(マヒさせる)事が出来ます。従って、不全感を捨象すべく揚棄収束したサルたちは、生存課題であれその他の何であれ、そこに障害=不全がある限り、それを揚棄すべくこのプラス回路に収束する様になります。これが、共感統合に次ぐ、サル・人類の意識の、第二統合様式たるプラス統合です。(注:第一の共感統合は静的なエンドルフィン系の回路であるのに対して、第二のプラス統合は動的なドーパミン系の回路で、両者は情報伝達物質も、形成時期も異なっています。)

原猿弱者たちは、このプラス回路によって怖れや怯えや危機逃避をマヒさせ=捨象し、仲間プラス、縄張り闘争プラスへとプラス共感収束することによって、約3000万年かかって遂に闘争集団を形成し、縄張りを確保する事が可能な段階に達します。(これは、麻薬で怖さをマヒさせて闘いに打って出るのと同じとも云えます。人類に見られる闘いの前の踊りも、同じ効果を期待したものでしょう。)

こうして、約3000万年前、遂に同類闘争(縄張り闘争)を第一義課題とする真猿集団が形成されました。親和収束⇒プラス収束を母胎にして、より上位の闘争系の課題を共認し、その課題共認に基づいて役割を共認し、規範を共認してゆく、この闘争系の共認こそ、サル・人類集団の統合を可能にしている最も重要な共認であり、サル・人類における意識統合・集団統合は、この共認によって維持されていると云えるでしょう。従って、前記の親和共認およびプラス共認の基礎の上に形成された、これら課題共認・役割共認・規範共認こそ、サル・人類の意識を統合すると共に集団をも統合している本体だと、私は考えています。

注:認識するという言葉を、神経細胞が成立する以前の、細胞間の情報伝達物質(ホルモン)の働きにも適用する広い意味で用いれば、視聴覚etcの感じるという言葉も、認識という概念に包摂されたその一分野だと云うことに成ります。従って、基礎部(親和etc)も上部(規範etc)も全て共認と呼ぶのが正しい用語ですが、ここでは親和共認・プラス共認をその上部の闘争系の共認と区別する為に、共感と呼ぶ場合(その方が分かり易い場合)があります。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1612
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
新概念を学ぶ17 サル時代の雌雄分化 〜集団が同類闘争に適応するために、メスは性収束した〜 「日本を守るのに右も左もない」 13/10/14 AM00
【共同体社会の原点(集団)を追究する】14〜共認による統合を実現した真猿集団 「共同体社会と人類婚姻史」 12/11/16 PM09
脳の進化と活用、その可能性を探る〜「相手の心がわかる共認機能」、脳の発達からそれを解明する〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/12/04 AM07
239865 勉強になります! マルたん♪ 10/10/25 AM11
232469 【図解】真猿の同類闘争と共認機能 村田頼哉 10/05/30 PM04
231794 【図解】真猿の同類闘争と共認機能 佐藤賢志 10/05/17 AM03
228166 新らしい集団のあり方が求められている、楽しみな時代。 猪飼野 10/03/12 PM09
228009 極限時代にあっては、「捨象」も「揚棄」も適応の為の機能だった 山田孝治 10/03/10 PM10
228005 【図解】真猿の同類闘争と共認機能 山上勝義 10/03/10 PM09
227987 今まさしく原猿から真猿へ 戌年 10/03/10 PM04
217531 チンパンジーは要求に応じて相手を助ける のりだぁ 09/10/18 PM03
ドーパミンプラス回路とオキシトシン親和回路の結びつきが、真猿闘争集団を生み出した 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/09/08 AM09
213581 ドーパミンプラス回路とオキシトシン親和回路の結びつきが、真猿闘争集団を生み出した 西谷文宏 09/08/25 PM08
213520 真猿が獲得した集団形成過程 2U 09/08/24 PM05
189497 サル時代に学ぶ実現構造 ばきちょこ 08/10/11 PM11
188881 個体から集団へ 〜集団に属する個人ができること〜 高橋智彦 08/10/04 PM02
181788 自我回路と自殺の関係 佐々木尊一 08/07/21 PM10
180762 原猿〜真猿の「不全共認⇒課題共認」は、共認原理に転換しつつある現在において重要な認識 麻丘東出 08/07/07 PM05
174220 同類圧力⇒現実直視 関谷啓太郎 08/04/16 AM02
172043 危機に際して撃って出る。 北川和秀 08/03/07 PM03
171797 敵から味方へ捉え方の大転換 関谷啓太郎 08/03/02 PM02
166150 原猿が共認機能を獲得し集団を形成するまで(ネットサロンメモ) 橋本宏 07/11/29 PM11
161568 「プラス思考」と「プラス回路」 安藤広海 07/09/18 PM11
161560 弱オス達の賭け 菅野敬子 07/09/18 PM10
141261 原猿以降の同類認識 谷崎俊文 06/12/29 PM09
126363 集団があり、社会があるから、人はその機能を発揮できる 小林雅志 06/07/20 PM06
126341 第一義課題が命。 匿名希望 06/07/20 PM00
126336 同類闘争の集団課題化 永峰正規 06/07/20 AM11
125634 共認充足の回路が作動した経験 猛獣王S 06/07/12 PM09
125517 原猿はいかにドーパミンを+回路に転換できたのか? 山本豊 06/07/11 PM07
125515 プラス共感収束ってなに? 近藤文人 06/07/11 PM07
125503 闘争共認こそサル・人類を貫く意識の統合様式である 酒井裕志 06/07/11 PM05
125501 プラス回路の形成過程 匿名希望 06/07/11 PM04
125496 収束不全と闘争系の課題・役割・規範共認 近藤文人 06/07/11 PM01
125468 第1段階(共感統合)の不全と第2段階(プラス統合)の不全の違いは? 斎藤裕一 06/07/11 AM02
125465 回路に収束とは? 斎藤裕一 06/07/11 AM01
123494 解脱はいらないのかも。 すずかん 06/06/23 AM11
120398 大前提は、同類闘争圧力ということ。 匿名希望 06/06/13 AM01
110693 ヒトとチンパンジーの共通の祖先の段階ですでに協調行動が備わっていたことが、実験で明らかになりました。 タコ墨。 06/04/29 PM01
解脱って何? 「なんで屋@奈良」 06/04/24 PM10
109619 仲間の期待(圧力)絶対 佐藤祥司 06/04/23 PM11
108707 課題を捨象したプラス統合から劣化収束がはじまる 村上祥典 06/04/08 PM10
108412 不全共認と闘争共認の間 田中素 06/04/01 PM11
107670 親和充足から積み上げた適応態 松尾茂実 06/03/19 PM05
106513 親和充足の重要性 匿名希望 06/02/28 PM11
106346 共認機能再生するための相手注視⇒解脱充足 石川笑美 06/02/25 PM10
105618 この闘争系の共認こそ 平川要 06/02/12 PM10
105544 いじめとは、人類3000年の歴史と同じ 酒井俊弘 06/02/11 PM07
100434 「現実直視」と「統合」 根木貴大 05/11/05 PM11
98681 画面みて暮らす生活 新大阪駅 05/10/07 PM02
97859 本物の闘争共認とするには 立石裕美 05/09/25 AM05
96376 プラス統合が人類の活力源 野田雄二 05/08/24 AM01
95671 プラス統合の重要性 岡本誠 05/08/07 AM00
95487 エンドルフィン回路も、ドーパミン回路も、統合するためには不可欠な要素。しかし人間は、その使い方を間違えている。 根木貴大 05/08/03 AM00
95484 課題共認できないのはなんで? 田野健 05/08/02 PM11
95258 心は静かに共感もするが興奮して暴走もする 原田昭雄 05/07/28 PM10
93742 仲間の肯定視があって初めて期待=課題となる 本田真吾 05/07/01 PM10
91034 「討ちてし止まむ」 中村朋子 05/05/19 PM03
91033 サルの進化史から現代を眺める 石野潤 05/05/19 PM02
89321 闘える男になるために必要なこと 門奈津子 05/04/21 PM11
89309 エンドルフィンが出ているとき 小林千春 05/04/21 PM10
88617 プラス回路だけでは片手落ち 久保田彰子 05/04/09 PM11
88204 収束不全にはみんなで立ち向かうしかない 鈴木康夫 05/03/31 PM11
88163 依存症の克服・サルに学べ 下城浩一 05/03/31 AM00
87450 食欠もありきか ブルマン 05/03/16 PM05
87212 「共感」・「同化」・「共認」 中村朋子 05/03/12 AM00
人類の自我機能と共認機能 6 : 共認回路の形成は必然だった 「開放空間「THE ROTEN」」 05/03/05 PM05
85861 サル・人類の脳回路の進化は現在の社会不全(生存圧力の低下)により新しい段階に入るのか? 原田昭雄 05/02/17 PM09
85532 人類の意識・集団を統合するためには 白子佳世 05/02/11 PM02
85529 本能不全の中味の検討(原猿) 吉国幹雄 05/02/11 PM01
82577 肯定視の形成時期について 澤根和治 04/12/15 AM00
82259 プラス共認によってもたらされる集団の意識統合 石川笑美 04/12/08 PM09
82221 想像を絶する不全感 井上緑 04/12/07 PM10
81771 ドーパミンの形成時期とプラス回路、自我回路との関係は? 橋口健一 04/11/28 PM08
81700 ドーパミンで揚棄収束。 中野恵 04/11/27 PM11
81464 共認機能を取り戻す 矢野悟 04/11/24 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp