サル社会を解明しよう
1607 原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/03/17 PM02 【印刷用へ
そして、いくら闘争課題が第一義でそれに共認しないメスの自我が集団にとって致命的とはいえ、メスを放り出す(生殖を放棄する)ことはあり得ません。ましてや、ボスにとってメスとの期待応望充足は、もはや手放せないほど大きくなっています。(ここでも、性闘争存在・性的(充足)期待存在として、外圧の低い環境ではメスに迎合せざるを得ないというオスの悲しいサガは、現代と同じです。)

そこで、それを受けてボス(および他オス)は、メスの男女充足共認を充たしつつ集団の一員としての役割規範へも収束させるよう、「メスのボスに対する性的応望は、闘争集団にとっても役割として存在する」という“男女役割規範”を確立し共認していったのではないでしょうか。
オスメスどちらにとっても、このとき初めて、原猿時代の“男女充足共認(オスメス間の期待応望充足)”から、“男女役割共認(オスメス役割規範)”へと昇華したように思います。

(また、これは上記の仮説に基づいた上での仮説ですが、互いの意識にズレの生じるこういった状態では、他のオスとの期待応望関係どころか既にボスとの期待応望関係も不充分になってしまっていると考えられます。だからこそ真猿のメスは、ボスの目を盗んでは自らの性的充足を満足させるべく規範を破って他のオスとも関係をもっていたのではないでしょうか。)


>実現論P.18の下から3行目から、人類は、極限時代、想像を絶するような過酷な自然圧力・外敵圧力に直面したことが書いてあります。

人類になってからは、矢野さんとほぼ同じ解釈です。

自らも外圧に晒されて初めて、本当の意味で、集団の有難み・闘争共認の意義・オスたちに対する感謝・ボスに対する尊敬etcが肉体的にも規範的にも共認できるようになったのだと思います。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1607
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
137562 自我回路から抜けるには 渡邊かお里 06/11/16 AM00
109574 性的二型と繁殖システムの変化 匿名希望 06/04/23 PM02
102732 性的応望は、闘争集団にとっても役割として存在する 嶺山志保 05/12/16 PM11
100891 役立つ認識を期待しています 匿名希望 05/11/15 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp