日本人の起源(縄文・弥生・大和)
160146 ロックフェラー メモB1945年〜1970年 ドル基軸体制の確立と冷戦の構築
 
南風小僧☆ ( 天然おやじ 島国 ) 07/08/31 PM08 【印刷用へ
第二次大戦後、アメリカのみが突出した力を持った。戦後復興へ向けて、各国へのアメリカの投資(貸付)が行われ、ドルが世界中に流通し始める。
同時にアメリカの対抗勢力として、ソ連を意図的に軍事大国に育てあげていく。

・1948年〜1951年:マーシャル・プラン:戦後復興資金をヨーロッパ各国へ貸し付け。→ドル貸付により、各国で金融市場が拡大(信用創造)。同時にアメリカ製品の購入先としてヨーロッパや日本が計画的に復興。ドルが基軸通貨として流通し始める。

・〜1949年 米国務省による共産ソ連・中国支援。同時に米国中枢へソ連スパイと多数の協力者。
・1949年〜米ソ冷戦:ソ連原爆実験成功(※原爆の秘密情報はホワイトハウスから直接ソ連へ!)

・1949〜1951年:冷戦をテコに日欧などへ米軍事基地。(NATO、1950年ダレス来日→日米安保) 
・1950年 マッカーシズム(米国内保守・愛国派の反撃)→赤狩り
→しかしマスコミを使ったマッカーシー非難キャンペーンで沈静化される。
・1950年代 
 ・ビルダーバーグ設立(オランダ・ベルンハルト殿下主導:元々は
 ウォール街資本とナチスドイツを結ぶパイプ役) 
 ・この頃ロックフェラー財団などの資金で、キッシンジャーが
 ハーバードで、各国の指導者を育成(ex中曽根) 
 ※ネルソン・ロックフェラー→キッシンジャー→各国指導者のパイプ
 が形成される。

(・1957年 欧州共同体(ECC))
・1965年 ベトナム戦争(軍産複合体による戦争)、日本の高度成長時期
※この頃アメリカは、既に消費大国化。それによってヨーロッパ・日本が高度成長。アメリカは貿易赤字国へ。

★第2次大戦後は、アメリカ一国のみが強大な力を持った。これはある意味、実業家・金貸しにすぎないロックフェラーにとって脅威。→アメリカの対抗勢力としてソ連を意図的に軍事大国に育てあげ、冷戦構造を演出。→軍産複合体と軍需による収益構造。

★またこの時期は、計画的に戦争で荒廃した各国を復興させる(そこに投資する)ことで儲けていた時期。各国の急成長とドルの流通拡大で、資金需要がかなり高かったはず。


参照「世界の歴史をカネで動かす男たち」W・クレオン・スクーセン
  「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた」ヴィクター・ソーン
  「実物経済の復活」 副島隆彦
   ほか
 
  List
  この記事は 158941 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_160146
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
戦後日本の高度経済成長を検証する 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/06/23 AM09
178184 ヨーロッパや日本を計画的に復興させ、ドルの流通量を嵩上げする機関 たっぴ 08/06/02 PM08
160193 ロックフェラー メモC1971年〜1980年: ドル基軸体制の動揺、金融略奪の開始 南風小僧☆ 07/09/01 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp