民主主義と市民運動の正体
160078 ガン死亡率が増えているのは高齢化が原因
 
タバコ問題ウォッチャー 07/08/30 PM10 【印刷用へ
1.喫煙(たばこ煙への曝露)から肺がんの罹患にはおよそ30年の時間差があります。20歳でたばこを吸いはじめた人が、1年や2年で肺がんになるわけではないのは理解できますよね? 現実の被害となって現れるのは、そのまま吸いつづけて50歳、60歳になってからです。たばこの害について検討するときは、このラグを考慮しなければなりません。

2.肺がんの死亡率についてですが、「年齢調整」してください。今は高齢化が急速に進んでいますから、肺がんの死亡者数(絶対数)も増えるのは当たり前です。年齢構成の変化を吸収して経年的な傾向を見るためのツールが年齢調整で、死亡率などを、ある年齢分布を想定して計算しなおすものです。「年齢調整済み」の日本の肺がん死亡率は減少に差しかかっており、これまでのたばこ規制の成果と考えられます。

3.喫煙率と肺がんの死亡率は直接には相関しません。喫煙者といっても、1日数本のライトスモーカーから数十本のヘビースモーカーまでさまざまです。たばこ煙に曝露するから肺がんになるのであって、喫煙者だから肺がんになるのではありません。個々人の喫煙実態を詳しく調べて追跡すれば、より直接的で明瞭な関係がわかります。たとえば、たばこ煙への曝露量の多い人(喫煙本数が多く、喫煙暦の長い人)ほど肺がんになりやすいこと、禁煙した人が肺がんになりにくくなることが分かっています。

もう少し踏み込めば、疫学には因果関係の判定基準というものがあります。

・密接性:関連が強いほど因果関係がある。曝露が多いほど疾病の発生率が高い。
・普遍性:特定の集団で認められた現象が、他の集団でも認められること。
・特異性:疾病があれば曝露があり、曝露があれば予測される率でその疾病が発生すること。
・時間性:曝露が発病よりも前にあったことが証明されること。
・論理性:曝露と疾病との関連が、生物学的論理性からも説明できること。

喫煙(たばこ煙への曝露)と肺がんの関係については、これらを綺麗に満たしており、因果関係があることは疑いの余地がありません。

4.上記に関連しますが、日本で紙巻たばこを1日に何十本も喫煙するようになったのは1960年代以降で、つい最近の話です。たばこが紀元前から存在するとしても(文明の表舞台に踊り出たのは大航海時代からでしょうが)、現在の喫煙習慣の歴史は日本では半世紀しかありません。この数十年になって嫌煙運動なり禁煙運動なりが表れたのは、なんのことはない、喫煙量がものすごく増えて、尋常な嗜好ではなくなったからです。

余談になりますが、人間の思考には、自分の生活習慣や価値観を、無意識にあらゆる時代に当てはめてしまう錯誤があるそうです。平均的な喫煙者が紙巻たばこを1日1箱吸っていれば、戦前もそうだったと考えてしまうのです。実際には数本なのですが……。

5.とどめを刺しますよ。イギリス、アメリカ、カナダその他もろもろ、早くからたばこ規制を推し進めた諸国では、肺がんの年齢調整死亡率が減少しています。特にイギリスでは激減しています。WHOなどが自信を持ってたばこ規制を進められるのもこの「実績」があるからで、肺がんの主な原因がたばこではない(たとえば大気汚染など)というなら、この肺がんの減少について合理的な説明が必要でしょう。

なお、受動喫煙についても実証が進みつつあるようです。なにしろ、これまで本当に受動喫煙をしていない(たばこ煙にまったく曝露していない)人などほとんどいませんでしたから。

6.最後に記事タイトルについて。全がん死亡率も年齢調整すれば減少しています。環境政策や医療の進歩によるものでしょう。がんの死者数が(絶対数では)増えている最大の原因は「高齢化」です。つまらない事実ですけどね。とにかくまず「年齢調整」という最も基本的なツールを知ってください。それに尽きます。
 
  List
  トラックバックを再送する(投稿者本人のみ)
  この記事は 81272 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_160078
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
229937 まことしやかな モキ 10/04/11 PM05
179322 トドメ イチ 08/06/17 PM01
160711 煙草は必要か否か 匿名希望 07/09/08 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp