共認運動をどう実現してゆくか?
159481 お題数を増やす秘訣?
 
越見源 ( 44 大阪 都市計画 ) 07/08/22 PM07 【印刷用へ
なんでや露店でどうしたらお題が増えるか?について日頃感じることを・・・


○まず、一番大事だと思うのは、チャンスを逃さないこと!

少しでも立ち止まったり、ブログチラシに関心を示した人がいたら、ただ声をかけるだけでなく、即飛んでいって横に立ち、会話に持ち込むことが大事。
(人は正面に立たれると無意識に警戒心が湧くが、横だと心を開きやすい・・・と、以前露店でおじさんに教えられた。)

黙っていてもお客さんがつくような状況が続くと、ついそれに慣れてしまいますが、カードであれお題であれ、特に反応が薄い時は、待っていてはダメ。

そこで躊躇しない秘訣は、「誰もが答えと共認充足を求めている」という確信・・・というか事実の認識。
ちょっとやっかいそうなおじさんも、怖そうな兄ちゃんも、おばちゃんも子供も・・・心底では皆同じという感覚が重要。換言すると、露店に関心を示した人に声をかけること、巻き込むことは、その人の期待に応えることであり、露店でやらなきゃいけない仕事だということ。


○まずはお題の話しを振ってみる

明らかにカードに関心を示して立ち止まった人にも、必ず「この露店は実はただのカード屋ではなく、みんなの疑問に答えてるんです。このカードの言葉はその答えや皆が“なるほど!”と感じた言葉なんです!」と振ってみる。

そこで、もしお題に特に関心が無いと感じたらカードトークへ、のってきたら即お題ボードかお題リストでお題を進める。
もし、「答えはわかっている」的なことを言われた場合は、「僕らは答えるために勉強しているので、あなたが思っている答えとは多分違ってますよ!」「絶対満足しますよ!」「聞かなきゃ後で後悔するかも・・・」と期待を抱かせる。
・・・最近はカード反応減だがお題については非常に高まっており、気楽に応じてくれる人が増えていると感じます。


○話しが長くなりそうな相手の場合は、白板を使ってお題に持ち込む

これは、私もなかなかできてないのですが、話しが長くなってるな?と感じたら、もう一方の店主やお手伝いが、それとなく白板を手渡すのが良いと思います。・・・そのままお題に突入〜

・・・ただしゃべりたいだけの人は去ってゆくので、しゃべり屋対策にもなります。 

(つづく・・・)
 
  List
  この記事は 159325 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_159481
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
159573 ホワイトボードは闘う店主の武器☆ ちよ 07/08/23 PM09
159482 カンパ額を上げる秘訣? 越見源 07/08/22 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp