市場の支配構造
159480 日本銀行の通貨発行の仕組み
 
田中素 HP ( 41 長崎 企画 ) 07/08/22 PM07 【印刷用へ
> FRBは、米国政府・財務省が発行する債券(国債)を購入する。そして、その債券と同額の金額を連邦準備銀行が財務省に印刷させたドルで支払うのである。これによって、「無」から利息付きの負債が発生して、FRBはその利息を手にするのである。(133622の引用)

FRBのドルに対し、日銀券の発行の仕組みはどうなっているのか。

日銀券は、財務省が毎年度発表する「日本銀行券製造計画」に基づき(実際の策定は日銀発券局)、日銀が国立印刷局に印刷を委託、日銀口座に一旦納付され、市中銀行への供給をもって発行となる。財務省によれば、通貨の製造計画は「必要とされる日本銀行券及び貨幣の円滑な供給を図る観点から、市中の流通状況や独立行政法人国立印刷局・独立行政法人造幣局の製造能力等を勘案の上、日本銀行券については製造枚数、貨幣については発行・製造枚数を定めています。」とある。リンク

例えば、平成19年度の日本銀行券製造計画は、合計で33億枚、15兆4700億円で、金額の約8割が一万円札だ(貨幣は12.6億枚、2400億円)。
リンク(H19年度日銀券製造計画) リンク(H19年度貨幣製造計画)

一方、国内での日銀券の総流通高は、平成18年度末段階で80.4兆円となっている。リンク(財務省「独立行政法人国立印刷局の概要」)

上記資料中にある昭和60年以降の通貨流通高の推移グラフをみると、昭和60年度の通貨流通高は約20兆円強、平成7年度で約40兆円となっている。この20年間、市中に出回る日銀券は、10年で約2倍のペースで増加してきたことになる。日銀によると一万円札の寿命は平均3〜4年というから、ここ10年に毎年15兆円ほど印刷された日銀券のうち、約10兆円前後が紙幣の寿命に対する補充、4〜5兆円が増刷という計算になる。

このように、日銀券の発行はFRBと違って政府国債の発行とは連動していない。だから国債の利子を中央銀行が直接手に入れる構造にもなっていない。また、紙幣発行が日銀の財務上は債務として計上される点も、連銀の債権証書であるドルとは性格が異なっている。

しかし、この20年、バブル期、不況期を問わず、日本国債の増加と符号するように通貨流通高は増加している。そして、日本では国債を直接引き受けるのは民間銀行だが、公開市場操作(資金供給オペ)を通じて日銀の国債保有が増しており、現在では全資産の7割弱を占める。
リンク(日銀のバランスシート)

つまり、日銀の資金供給オペ⇒国債買入れと連動して紙幣の増刷・発行も行われている可能性が高い。これが、155312で「日銀が連邦準備銀行に近づいている」と言われる理由だろう。
 
  List
  この記事は 159121 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_159480
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
1997年日本銀行法はなぜ改正されたか? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/12/16 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp