市場の支配構造
159480 日本銀行の通貨発行の仕組み
 
田中素 HP ( 41 長崎 企画 ) 07/08/22 PM07 【印刷用へ
> FRBは、米国政府・財務省が発行する債券(国債)を購入する。そして、その債券と同額の金額を連邦準備銀行が財務省に印刷させたドルで支払うのである。これによって、「無」から利息付きの負債が発生して、FRBはその利息を手にするのである。(133622の引用)

FRBのドルに対し、日銀券の発行の仕組みはどうなっているのか。

日銀券は、財務省が毎年度発表する「日本銀行券製造計画」に基づき(実際の策定は日銀発券局)、日銀が国立印刷局に印刷を委託、日銀口座に一旦納付され、市中銀行への供給をもって発行となる。財務省によれば、通貨の製造計画は「必要とされる日本銀行券及び貨幣の円滑な供給を図る観点から、市中の流通状況や独立行政法人国立印刷局・独立行政法人造幣局の製造能力等を勘案の上、日本銀行券については製造枚数、貨幣については発行・製造枚数を定めています。」とある。リンク

例えば、平成19年度の日本銀行券製造計画は、合計で33億枚、15兆4700億円で、金額の約8割が一万円札だ(貨幣は12.6億枚、2400億円)。
リンク(H19年度日銀券製造計画) リンク(H19年度貨幣製造計画)

一方、国内での日銀券の総流通高は、平成18年度末段階で80.4兆円となっている。リンク(財務省「独立行政法人国立印刷局の概要」)

上記資料中にある昭和60年以降の通貨流通高の推移グラフをみると、昭和60年度の通貨流通高は約20兆円強、平成7年度で約40兆円となっている。この20年間、市中に出回る日銀券は、10年で約2倍のペースで増加してきたことになる。日銀によると一万円札の寿命は平均3〜4年というから、ここ10年に毎年15兆円ほど印刷された日銀券のうち、約10兆円前後が紙幣の寿命に対する補充、4〜5兆円が増刷という計算になる。

このように、日銀券の発行はFRBと違って政府国債の発行とは連動していない。だから国債の利子を中央銀行が直接手に入れる構造にもなっていない。また、紙幣発行が日銀の財務上は債務として計上される点も、連銀の債権証書であるドルとは性格が異なっている。

しかし、この20年、バブル期、不況期を問わず、日本国債の増加と符号するように通貨流通高は増加している。そして、日本では国債を直接引き受けるのは民間銀行だが、公開市場操作(資金供給オペ)を通じて日銀の国債保有が増しており、現在では全資産の7割弱を占める。
リンク(日銀のバランスシート)

つまり、日銀の資金供給オペ⇒国債買入れと連動して紙幣の増刷・発行も行われている可能性が高い。これが、155312で「日銀が連邦準備銀行に近づいている」と言われる理由だろう。
 
  List
  この記事は 159121 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_159480
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
1997年日本銀行法はなぜ改正されたか? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/12/16 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp