日本人の起源(縄文・弥生・大和)
15928 気候変動からの一考察
 
麦秋 ( 34 東京 ) 01/11/11 AM06 【印刷用へ
田野氏から「縄文時代の気候変動(14349)」と意見を返していただいて以来、考察を止めていました.最近議論されている大陸からの文化影響という点からの検証も含め、もう少しすすめておく必要はありそうです.

寒冷な気候環境では、周氷河(※)地域が拡大します.ここでは、気温が零度を挟んで上下に変化することが繰り返されます.水は凍ると体積が1割増大し、融けると流動していきます.このように液体と固体の相変化が繰り返されることで岩石が砕かれ緩やかに土砂が降下していくことになります(凍結融解作用).

※氷河の末端から、森林限界を周氷河地域とすることが多い.現在でも、陸地の15%くらいがこの周氷河地形に入る.しかし、洪積世の氷期には、ヨーロッパでは、地中海を除いたほぼ全域に広がっていたし、日本でも北日本のかなりの部分は周氷河地域と見なすことができた.

この作用により、相当程度の標高まで表土がはぎ取られていきます.それまで豊かな実りを与えてくれた落葉広葉樹も少なからぬダメージを受けたと思われます.木の実の収穫にも影響がでたことでしょう.植生自体の変化が起こったかもしれません.

しかし、それ以上に影響が大きかったと思われるのは河川流域です.

土砂が山間部より流れる河川の流水によって運ばれていき、これまで例えばハマグリがとれていたような内湾が埋められてしまったことが考えられます.このような沖積上部砂層とよばれる堆積層が拡大していることが明らかになっています.あるいは流路が大きく変化したかもしれません.いずれにしても食料、建材などを供する森林以上に、水の供給環境が変化することによるダメージは小さくなかったことでしょう.

同じ気候変動でも、大陸では文明を誕生させたようですが、三内丸山は結局この寒冷化による影響をしのぐことができなかったようです.

実はこの寒冷化を受けた縄文晩期(約3000年前)、ソバ属の花粉・果実が北海道から九州に至る遺跡(計14箇所)から検出されているそうです.

ほぼ同じ時代に北から南まで一連の分布を示すことから、人為的な栽培によってもたらされた可能性が高いといえます.ほどなく、稲作の伝播により、日本に稲作栽培が始まることを考え合わせてみると、栽培技術をもった大陸人が段階的に日本へ伝来したのではないか、と考えられます.

参考:日本の周氷河地形 大雪山
リンク

埴原和郎編 「日本新起源論」 角川選書202
 
  List
  この記事は 15859 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_15928
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『豊かな森の大国』日本列島の気候はどうやって形成されたのか?? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 07/08/21 AM00
154300 地球破壊の人間界に最後か? 前田 進 07/06/14 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp