心の本体=共認機能の形成過程
15927 「やりがい」に潜む社会的欠乏
 
阪本剛 HP ( 27 千葉 SE ) 01/11/11 AM04 【印刷用へ
> ろくに課題に取り組みもせず、仕事に対して「甲斐」を求める若者の姿は、闘争忌避の逃げのように感じますし、無いもの強請りの要求主義とも取れます
> また、やたらと「甲斐があった」と言うその姿は、課題策定が甘いか、もしくは単なる自己満足のように感じます

 まずは「やりがい」という言葉が重視されるようになってきた背景から考えてみてはいかがでしょうか?

■■「やりがい」が重視された時代的背景

 「やりがい」が注目されるようになった背景には、まず、「やりがい」というものがなければ、とても働こうとは思えない、働いてられないような状況に社会が変化したということだと思います。

 かつては、働くことは、なによりも「食っていく」=「生きていく」ことと表裏一体でした。
 「食っていく」ことに関して、自分の都合・興味関心など言ってられない、絶対的な貧しさという圧力が存在していたので、「やりがい」というものを考えることもなかったでしょう。

 現在はどうでしょうか?
 
 「やりがい」を別にすれば、とりあえず食べていくことができます。
 というよりも、現在では、親のスネをかじってさえおれば、はっきり言って働かずとも、充分生きている連中がたくさんおります。

 企業が、「やりがい」を訴えるのも、別にだまくらかそうとしているわけではなく、マシな「やりがい」、つまり企業としてのアイデンティティ=「何のために企業として存在するのか」という理念、社会的目的、使命を明確に主張しなければ、マトモで優秀な奴はこないから、そうしている、という事実があります。
 そうでなければ、もっとマシな「やりがい」を掲げる企業に、人材をみすみす奪われてしまうからです。

■■「やりがい」に潜む社会的欠乏

 確かに、どの企業も理念と言っても、似たり寄ったりだし、果たして本気で信じているのか疑う余地もあります。

 ですが、私は、この傾向は、悪いことではないと思います。
 むしろ、新しい可能性を示唆している事態だと、考えてはいかがでしょうか?

 かつては、疎外労働は当たり前とされ、労働者があえて気を遣うことと言えば、賃金と肩書きくらいだったのです。
 これは逆にいえば、カネさえもらえれば、ポストさえもらえれば、企業では自然破壊でも、肉体汚染でも、何でもやるのだ、ということです。

 現在では、賃金や肩書きにこだわらなくなったとはいえ、企業は利益追求主体ですから、いまだに環境も破壊しているでしょうが、それをおおぴらには出来なくなっているでしょう。つまり、社会的な存在性を重視されはじめた、ということです。

 このことは我々労働者にも言えます。何らかの社会性、公共性、人類的価値を念頭におきながら、職を探すようになった、働くようになったのです。企業が掲げる「やりがい」の中身が、決して個人的な利益に還元できない、社会性を重視したもの、社会的影響力を訴えたものであるのは、そのためです。 


■■社会の変革を促す価値的大転換

 かつて、社会に参加する運動といえば、何らかの思想的枠組み=イデオロギーの中で、観念的な制度批判と、挑発的なアジテーションによって、大衆の喚起を促す、といったスタイルが主流でした。
 この方法論では、結局、特殊な目的意識を持ったごく少数の人々が、不毛な要求闘争を繰り返すばかりで、何も変わらなかったのです。

 しかし、現在の労働観の変化は、もっと、意識の深い次元での変化があるように思えます。
 自分の労働の目的を、何らかの公共的価値に照らしながら考え、実践しようとする試みは、なんと日常の労働そのものを社会的価値につなげたいという潜在的な欠乏の、発露なのです。

 近代社会は、個々人が、個人的欲求を追求し、その活力によって社会のダイナミズムを発生させ、あらゆる体制は、この個人の内面=私益獲得闘争を前提として組み立てあげられています。

 その秩序の根幹とも言うべき近代人の心性が、もはや盤石ではなくなり、新しい可能性へシフトしているのです。
 これは、人間が私益主体として社会に存在していることが当然とされている近代社会においては、極めて大きな変化です。社会の体制変革を促す可能性を持った価値的に大きな転換なのです。

 ですから、我々がすべきことは、この変化を単なるムーブメントに終わらせずに、閉塞した社会を脱却する基盤として、いかに現実化させていくか、その戦略を考えていくこと、だという気がしています。

 
  List
  この記事は 15926 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_15927
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「やりがいのある仕事」とは!?〜これは必読!! 「これからは探求の時代」 07/06/15 PM02
16526 彷徨える若者を襲う「自己実現」と言うドグマ@ 西谷文宏 01/11/18 AM02
16108 価値転換と存在不安 永峰正規 01/11/14 AM01
15976 RE.ヤリガイに潜む社会的欠乏 津田大照 01/11/12 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp