日本人の起源(縄文・弥生・大和)
158941 ロックフェラーメモA1919〜1944年:世界運営に乗り出す、イギリス→アメリカへの覇権交代期
 
南風小僧☆ ( 天然おやじ 島国 ) 07/08/14 PM08 【印刷用へ
この頃、アメリカ国内をロックフェラー系で固めるとともに、グローバルネットワーク組織を相次いで設立、世界中の工作へ乗り出していく。
この頃の目標は、ロスチャイルドの縄張り奪取、そしてポンド→ドル覇権への移行。(関連投稿:152757)

・1919年 CFR(外交問題評議会)設立
     →ホワイトハウス、国務省などに人材を送り込み政権における
      主導権争いへ。
・1925年 IPR(太平洋問題調査会)設立
     →日本、中国方面への工作。財界を中心に日本にもメンバー。
      ※日本では、既に政友会(ロスチャイルド系)vs民政党(ロッ
      クフェラー系)の二大政党制へ。 

・1920年代 ロックフェラー→ダレスにより、ドイツへの投資ブームを仕掛ける。同時にシティの融資でIGファルベン社設立などドイツ政財界工作→ヒトラー育成支援。
・1920年代 メジャーズの中東進出→中東をめぐるイギリス・ロスチャイルドとアメリカ・ロックフェラーの縄張り争い激化。

・1927年 サウジ「ジェッダ条約」。アメリカ・ロックフェラーがサウジアラビアを勢力下におき中東石油支配の枠組みを作る。

・1929年 ニューヨーク株式大暴落→大恐慌
※ロックフェラー主導?の大恐慌により、それまでアメリカの基幹産業を握っていた旧宗主国の金融貴族(ロスチャイルド系)は、結果的にアメリカにおいて凋落。ロックフェラー系をはじめとするアメリカ資本が国内を固めていく。

・1930年代 ハーバード、コロンビア、エール大学、プリンストン大学などアイビーリーグの運営権をウォール街が莫大な寄付金により握る。
このころの中国工作→蒋介石、毛沢東支援。
(蒋介石は主にロスチャイルドが支援、ロックフェラーはロスチャイルドを追い出すため、最後に毛沢東支援)

・1939年 国務省「戦後問題処理委員会」(アメリカ参戦の2年前!)。ほぼ全員がCFRメンバー。戦後の世界の枠組み基本構造を決める。(これ以降アメリカの外交政策をCFRが握る。)

・1942年にOSS(戦略情報事務局)→1947年CIA設立。
※ロックフェラーの代理としてダレス兄弟は、CIA長官、国務長官を務める。

・1944年 ブレトン・ウッズ体制確立=ドル覇権の確立、
@ドルの基軸通貨決定
 (金本位による固定相場制←当時世界の金の6割をアメリカが保有)
AIMF、世界銀行の創設 
 ※ポンド覇権(イギリス・ロスチャイルド系)の終焉

※注:以後基本的に、ロックフェラー系が主導権を握るが、アメリカ国内では、宗主国のロスチャイルドは初期から基幹産業と金融を握っていたことから、アメリカ国内での影響力を残して現在に至る。

参照「世界の歴史をカネで動かす男たち」 W・クレオン・スクーセン
  「実物経済の復活」 副島隆彦 
   ほか

 
  List
  この記事は 158939 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_158941
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
世界の闇の支配勢力から日本の支配史を読み解く【ロックフェラーメモ?1919〜1944年:世界運営に乗り出す、イギリス→アメリカへの覇権交代期】 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 12/01/30 AM08
外交評議会「CFR」に抗議するアメリカ人達 「真実の探求」 07/12/19 PM02
外交評議会「CFR」に抗議するアメリカ人達 「真実の探求」 07/12/17 AM03
164343 ナチス・ドイツとヒトラーを育成したのは誰か? 火中の栗 07/10/29 AM08
160146 ロックフェラー メモB1945年〜1970年 ドル基軸体制の確立と冷戦の構築 南風小僧☆ 07/08/31 PM08
160131 裁けない独占企業体 匿名希望 07/08/31 PM05
ロックフェラー家の歴史?[世界運営に乗り出す、イギリス→アメリカへの覇権交代期] 「Trend Review」 07/08/26 PM00
159137 与党も野党も牛耳っているのは朝鮮人だった!I〜極東のユダヤの手先は創価学会である! その2 匿名希望 07/08/17 AM08
159135 与党も野党も牛耳っているのは朝鮮人だった!H〜極東のユダヤの手先は創価学会である! その1 匿名希望 07/08/17 AM03
159127 与党も野党も牛耳っているのは朝鮮人だった!G〜日本国政に影響力のある創価学会は北朝鮮宗教である! その5 匿名希望 07/08/17 AM01
159057 CFRは、ロックフェラーの参謀本部 スパイシーモス 07/08/16 AM03
159054 ロスチャイルドメモ @:1923〜20世紀初 金本位制の成立と限界→南ア支配・ロシア革命へ 南風小僧☆ 07/08/16 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp