採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
15859 4大文明の多元的・同時発生説
 
岡本誠 ( 47 兵庫 経営管理 ) 01/11/10 AM02 【印刷用へ
>(田野さん、15403)中国 長江中流域、城頭山遺跡で中国最古の都市文明の遺構が発見された。(11月3日讀賣新聞)約5000年前の首長儀礼が行なわれた「祭政殿」跡と5300年前の祖霊神をまつった「斎場殿」跡を発見。この事実が本当だとしたら黄河文明に先がけて中国に長江文明が浮上してくる。

 田野さん、黄河文明よりも千年以上も前に遡る約5000年前に、長江で中国最初の古代文明が誕生したのは確かなようですね。長江中・下流域では1万1千年前の稲作の証拠も発見されています。

>4大文明をさらに1500年遡る世界最古の文明が中国に発祥していた可能性まで見えてくる。

 この記述は何かの勘違いと思います。長江文明が発見されたことで、逆に4大文明がほぼ同時期に誕生したことになります。今まで黄河文明だけが他より1000年以上も新しかったわけです。

 4大文明が多元的に同時発生した説を、田野さんも引用されていた安田喜憲氏は『縄文文明の環境』の中で次のように展開されています。

(以下、要約)
>5000年前に人類史を揺るがす気候の寒冷化が発生した。チグリス・ユーフラテス川の上流域に相当するアナトリア高原やザグロス山脈では積雪量が増大し、雪は初夏に大量の雪解け水となって両河の下流域に大洪水をもたらした(これがシュメール人が残したノアの大洪水伝説であろう)。

 一方、気候の寒冷化は北緯35度以南では乾燥化を引き起こした。エジプトではナイル川の水位が著しく低下した。草原や砂漠周辺の牧畜民は水を求めてナイル川のほとりに集中した。牧畜民はもともといた麦作農耕民と融合し、ピラミッドとエジプト文明誕生の契機となった。

 北緯35度以南に位置するメソポタミアの低地やインダスの河谷でも乾燥化が顕著になり、一斉に文明段階に突入した。

 そしてここに、同じく北緯35度以南にあった長江文明が5000年前に誕生していたことが発見され、気候の乾燥化による文明の多元的・同時発生が証明された。黄河文明は始め北緯35度以北で発展し、誕生時期が3500年前と新しかったため、この説には欠陥があったわけです。

 このように4大文明は、5000年前の寒冷化→北緯35度以南の乾燥化という、牧畜・農耕にとっては不利な環境条件下で、大河のほとりに人口集中することで文明化したという共通構造があります。
(以上、要約終わり)

 恐らくこれは、(エジプトを除き)牧畜民による農耕民に対する略奪闘争→武力権力支配の始まりと考えられます。ただこれ自体はここでの議論ではなく、問題は長江文明が日本へどの程度伝播し定着したか、北方の牧畜民が北海道へ移動したかのどうか、気候寒冷化が日本本土にどんな影響を与えたのかでしょう。
 
  List
  この記事は 15403 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_15859
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
184606 世界規模の気候変動が4200年前に起きている。〜この時期の流民が縄文人を形成した!? 田野健 08/09/03 PM05
中国文明のなんで? PART2 「縄文と古代文明を探求しよう!」 08/04/03 PM11
138295 略奪開始と乾燥機期のずれについての疑問 藤田公一 06/11/23 PM09
98604 長江文明と日本 琵琶湖 05/10/06 PM02
95069 文明って何? 雪竹恭一 05/07/24 PM11
15928 気候変動からの一考察 麦秋 01/11/11 AM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp