政治:右傾化の潮流
158575 右と左の売国奴
 
疾風怒濤 ( 28゜22’25”N ) 07/08/09 PM11 【印刷用へ
右も左も極端な論調は現実を見えにくくする。下手すれば妄想、でっち上げのオンパレード。。

今ある現実の中で、可能性を追求し、答えを求めていくことが、主義主張に関係なく求められるのだと思う。

今や皆、現実的な答えを求めている。

「右と左の売国奴」依存症の独り言リンクより
>>
なんか、ユダヤの陰謀とかCIAの工作とか、もう妄想の世界に生きているとしか思えない方たちがいますね。こういう方たち、日本を愛しているようで実は日本を貶めている。
今の日本、そして日本人の実力を見くびっていますよ。

確かにわが日本は米国の傘の下にいます。が、今やわが自衛隊の存在なくして米国の東アジアにおける戦略は成り立たない。
何か一方的に日本がおんぶされているように錯覚されているようですが、日米は東アジアにおいて相互依存の関係にあるのです。

自主国防などと、保守派にとって耳ざわりがよい言葉を口にする連中に訊きたい!
先進諸国で集団的安全保障に依存していない国なんてありますか?
英国しかり、フランスしかり、ドイツしかり、すべてが米軍の存在を自国の安全保障の前提にしています。北大西洋条約機構(NATO)の作戦統制権は米軍の将官であるNATO司令官が有しています。
だからと言って、英国やフランスやドイツを米国の植民地などと言う人がいますか?
わが国が国防の基軸を日米同盟に置くのは当たり前なんです。
自主国防なんて亡国の発想ですよ、私に言わせれば。

もちろん自分の国は自分で守るという気概は必要ですし、東アジアにおける米軍のプレゼンスが薄れた場合の対処の仕方も考えておく必要はあるでしょう。
が、米国に対抗できるような防衛力を備えるなんて、もう妄想の世界というか夢想ですね。極めて危険。
大事なのは、米国に必要不可欠と思わせるだけの防衛力を備えることです。
(自主国防という考え自体は悪くないが、それが反米と結びついているのが問題なのです)

-----------------------------------------------------------------

はっきり言って、わが国の経済は米国なくして成り立たない。が、米国経済もわが国なくしては成り立たない。経済だけではありません。米国は財政もわが国なくしては成り立たない。
昔はよく、「米国がくしゃみをすると日本は風邪をひく」と言われていましたが、今は違います。今は「米国がくしゃみをしたら、日本もくしゃみをするだけ」です。それより、日本が倒れたら米国も共倒れですよ。

日本人の教育水準の高さ、勤勉さ、礼儀正しさ、団結力の強さ、これらは国際競争力としては一級品です。米国なんかの比ではない。
もちろん、自国内に資源と生産力と消費市場を併せ持つ唯一の国である米国に、総合力では勝てません。
が、別に米国に対してわが日本を卑下する必要はさらさらありません。
昨年のWBCがいい例です。パワーには技術と組織力で対抗できるんです。

-----------------------------------------------------------------

ユダヤの陰謀とかCIAの工作とか言って米国を攻撃し、自主国防などと言う妄想の世界に生きている人たちと五十歩百歩の方たちが、左にもいますね。
自国の歴史を貶める連中です。

先の戦争が正しかったと思う人は少ないでしょう。が、誰もがわが日本にとって良かれと思って戦ったんです。戦争指導者は特にね。
で、その結果が間違っていた。
主観的に国のため、国民のためと思っても、結果が間違っていれば、これは責任を追及されても仕方がない。
が、彼らを極悪人のごとく言うのはおかしい。

彼らは愛国者ですよ。

自国の歴史を貶める人たちに顕著なのが、明治以降の歴史を全否定する傾向です。
これって、矛盾していますよね。
今の日本の繁栄は、明治維新と日清・日露の両戦いを抜きにしてはありえません。明治維新が成功していなければ、あるいは日清・日露の戦いに敗れていれば、わが日本は欧米列強の植民地になっていたでしょう。
であれば、当然、今の自分たちもない。

太平洋戦争(大東亜戦争)の結果が悲惨だったからといって、明治以降の歴史を否定するのはとんでもない間違いです。
むしろ、私たちは日本の近代史に誇りを持つべきです。

-----------------------------------------------------------------

これら、自国の歴史を貶める人たちは中国(中共)が好きですよね。あの人権蹂躙大国が。
そして米国が嫌い。
日本はまるで米国の植民地のようだと言う。

これって、結論的に言うと、ユダヤの陰謀とかCIAの工作とか言って米国を攻撃し、自主国防などという妄想の世界に生きている人たちと同じですね。
中国(中共)と真の友好関係が築けると思っているのだから、これも妄想の世界というか夢想ですね。極めて危険。

結局、片方は右で、もう一方は左、両端に位置しているようですが、亡国の徒という点では、まさにメダルの裏表。
現実離れした夢想が好き、という点でもよく似ています。
要は、自分の頭で思考できないんですね。誰かのプロパガンダに洗脳される。
(そう言えば、私が左翼のころの日本共産党は、共産党政権になったら憲法を改正し、日米安保条約を破棄して自衛軍を創設する、と主張していました。なんか、右の人たちと似ていますね、言ってることが〜笑)

私は、このような左右の売国勢力と闘っていきたいと思います。

皆さんにお願いしたい。
物事は相対的に捉えましょう。
事実を検証して初めて真実に到達することができる。
最初から真実があって、それを証明するために事実を集めるというのは、もう宗教というかカルトに近い。

-----------------------------------------------------------------
リンク
 
  List
  この記事は 154512 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_158575
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp