学者とマスコミが人類を破滅に導く
158164 プロパガンダという世論操作を80年前に確立させたエドワード・バーネイズ
 
福島健 ( 34 設計 ) 07/08/03 AM02 【印刷用へ
プロパガンダという世論操作手法を確立させたエドワード・バーネイズ(1891〜1995)について述べたい。

エドワード・バーネイズは心理学者ジークムント・フロイトの甥として生まれた。彼は著書「Propaganda」にてマスメディアによる世論形成の手法を今から80年も前に記した。そして、今日のマスコミによる広報・宣伝の技術や目的は本質的に当時と変わっていない。

バーネイズはパブリック・リレーションズ(PR)という職業を確立させた第一人者である。パブリック・リレーションズとは、企業や集団の広報・宣伝を担当する仕事で、それはいわば「イメージ戦略」による「世論操作」の専門職といえる。

事実、バーネイズは「イメージこそが重要であり、そのイメージは工夫次第でいくらでも作り出すことが出来る」という思想のもとに数々の世論操作を行った。

・精肉業者の依頼を受け、ベーコンが売れるように「ベーコンは健康に良い」と医者のコメントを紹介しベーコンが飛ぶように売れた(あるある大辞典の納豆ダイエットもこの手法)。リンク

・ピアノメーカーの依頼を受け、「音楽ルームのある家」を有名なデザイナーに設計させ「マイホームには音楽ルームを設け、そこにはピアノを置くのがステータス」というトレンドを形成。ピアノが売れた。156278リンク

・タバコメーカーの依頼を受け、女性への市場を広げた。「タバコを吸って痩せよう」「女性がタバコを持つ姿はたいまつを掲げた自由の女神だ」とアピールし、タバコを女性解放の象徴と位置づけ、有名女優らに歩きタバコでニューヨークを行進させた。さらに、そのタバコのパッケージが緑色だったため、緑色の洋服を流行らせ、そのタバコが大人気に。

等など。

バーネイズが「Propaganda」を記した1920年代のアメリカは、大企業による大量生産・大量消費による好景気に支えられていた。その大企業の利益第一に応える「見えない統治機構」こそが、自分達パブリック・リレーションズであるとその著書で宣言している。

さらにこの手法を応用して、戦争プロパガンダ(第一次大戦でドイツ兵への野蛮イメージを植えつけた)や反共プロパガンダ(グアテマラのクーデターへの加担)など政治面における世論操作をも担ったのである。この戦争プロパガンダ手法はそのままイラク戦争へも応用されている。

そして日本における今日のマスコミ共認支配の仕組みも、このバーネイズの理論が基礎となっている。

そのポイントは概ね以下にまとめられ、現在のPR会社のやり方を理解する上でも参考になる。

1.目的を明確化せよ
2.徹底的に調査を行え
3.調査で得られた結果に基づいて目標に修正を加えよ
4.戦略を立案せよ
5.テーマ、シンボル、宣伝文句(キャッチフレーズ)を決めよ
6.その戦略を実行するために(第三者による)組織を立ち上げよ
7.タイミングと具体的なやり方を考えよ
8.プランを実行に移せ

(参考:プロパガンダ教本 エドワード・バーネイズ著 中田安彦訳・解説)
 
  List
  この記事は 156278 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_158164
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
205689 プロパガンダを見抜くには? むひ 09/05/02 PM07
205666 プロパガンダと共認形成の違い マナティー 09/05/02 PM01
199717 通信社が歴史を作る事例 チウエ* 09/02/14 PM07
PRとは? 「日本を守るのに右も左もない」 08/06/03 AM00
158165 「プロパガンダ教本」〜こんなにチョロい大衆の騙し方〜エドワード・バーネイズ著 中田安彦訳・解説  福島健 07/08/03 AM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp