健康・食品・医療
158086 ウツ治療に足りないもの
 
小松由布樹 HP ( 42 岐阜 農業 ) 07/08/01 PM08 【印刷用へ
「内観法」について、著者は、薬物に頼らない有効な治療法であるとしながらも、一方でそれは決して完璧なものではなく、特に「自己否定的な患者」にとっては、必ずしも有効なものではないという懸念も示している。
以下、「医者にウツは治せない」織田淳太郎著(光文社新書)より、その部分を引用する。
------------------------------------------------------------------
だが、内省による自己認識は千差万別である。問題はその自己認識が医療者の意図とは正反対に展開していくことだろう。つまり、義務感に突き動かされた“偽り”の感謝を作り上げるのではないかという疑問。加えて、「生かされている存在」としての自分が、「無力な自分」「迷惑ばかりかけている自分」というネガティブな観念ばかりを増強させ、必要悪としての罪悪感を助長させるのではないかという私なりの懸念が、そこには横たわっている。

実際、太田理事長も取材の中でこう口にしている。
「内観では“してもらったこと”“迷惑かけたこと”を思い出す患者さんが圧倒的に多い。でも、“して返した”ことはあまり出てこないんです」
(中略)
彼らは「健常者」とは一線を画す、いわゆる「心病める人々」である。やはり、「生かされる存在」といった観念のみの助長は、自己の無力化も助長させうるという意味で、どこかに危険を孕んでいるような気がする。
(中略)
しかし、この傾向には、自己否定がもたらす一種の“妄想”といった側面が含まれているような気がする。言い換えれば、「人は生かされるだけの存在ではなく、生かし、生かされ、それによって円が循環している」とする私なりの観念とのギャップが、そこにある。
(引用終わり)
------------------------------------------------------------------
●露店のお客さんや身近な仲間たちと話をしても、自己否定意識やダメ観念や不安意識の強いタイプの人は、自分が相手にしてあげたことや、相手の表情をなかなか思い出せないという傾向は、確かにあるようだ。

これは、事実認識をもって観念を塗り替えていくしかないのだと思う。著者の言う「生かし、生かされる存在」も、まさに人類は共認動物であるということであり、期待と応合の充足を活力源として存在している、という事実に他ならない。
74729で言われているように、根本規範に照らし合わせることが有効なのも、それが事実認識そのものだからなのだと思う。

ウツ治療の現場にも、事実認識=構造認識が必要とされているのではないだろうか。
 
  List
  この記事は 158076 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_158086
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
173626 全ては、共認原理に転換できない=適応できない、現実からの逃避でしかない。 門奈津子 08/04/06 AM08
159663 そもそも感情に優劣など存在しない 小松由布樹 07/08/24 PM10
158114 人は生かされているだけの存在でなく、人を生かしている存在でもある。 田野健 07/08/02 AM02
158091 みんなに元気をあげてることに気付くこと 鹿村幸代 07/08/01 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp