学者とマスコミはグルで頭脳支配
157676 すでに参院選の雌雄は決した。その事前得票情報をどうした?
 
遊撃手 ( 44 山形 ) 07/07/26 PM11 【印刷用へ
今回の選挙の行く末を占う調査結果をマスコミ(TV局)は握っている。
「期日前投票」の結果を手にしているようだ。
7月23日段階で既に約399万人もの有権者が投票を終えていて(総務省公表)、最終的には1000万人を上回る有権者が期日前投票を行うペースだという。(有権者約一億人の一割、投票率を考えるとさらにその割合は大きくなる)
そしてその「出口調査」(投票所の出口で聞き出す調査で、正直な人がほとんどで精度は高い)を大手マスコミがこぞって行っているという。

以下、東アジア黙示録さんリンクの記事から抜粋して引用
-------------------------
>投票日には各メディア、主にNHKを筆頭にしたTV局が、人海戦術でリサーチ(出口調査)を行なう。規模は全国で、バランスの取れた投票所が選ばれる。バランスとは、有権者の職業が偏っていないという程度のものらしい。

>その出口調査を期日前投票でも実施。今回の参院選でも各地の役所で出口調査が行なわれている。

>データを収集するのは、大小のリサーチ会社だが、段階的にまとめてメディアに集計過程を伝達するものと見られる。当然、そのデータは極秘扱いで不特定多数の関係者が知ることはできない。
しかし、メディアのひと握りの幹部は、現時点で極秘情報を把握し、各大政党の幹事長クラスにデータを横流ししていると想定する。

>しかし、なぜ各メディアは巨額の人件費を費投じて“門外不出”の事前データを集めるのか?
もちろん政治家に横流しする為ではなく、それは投開票日の「選挙特番」に向けてのものだ。

>各社の報道局が直接対決で競い合う、半ば視聴率無視、広告代理店泣かせの番組だ。
圧勝するのは毎度NHKだが、民放各局とも番組予算は青天井に等しい。


>アナウンス効果も逆アナウンス効果もケース・バイ・ケースだ。しかし、情勢調査はムードを増長させる効果を確実に持っている。

>各党の年金政策を細かくチェックしない有権者は、情勢調査の結果を眺めて、広く支持を集める政党の政策が「最も優れている」と単純に受け止めるケースも多いだろう。

------引用以上------

電話聞き取りを主にする新聞社の情勢調査と、TV局による出口調査。
有権者の意識に確実に何らかの影響を与えているだろう。昨今のマスコミの劣化、偏向、捏造報道等の数々からして、この事前情報を特定の何者かが都合良く使うことは、易に想像できる。(その情報すら捏造してしまえばしまいだが)
選挙制度自体が既に実効性のない旧制度に堕したが、その旧制度の周辺に群がって利を得ようとする存在にも、危機感が募る。

選挙投票の実数集計自体、極めて怪しいのだが、、、。
 
  List
  この記事は 97610 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 ブログ5 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_157676
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
158257 有権者を惑わす「世論調査」の罪つくり@ 猛獣王S 07/08/04 PM07
158021 選挙ではマスコミがやりたい放題の事が出来るのにネットは制限されてしまう 匿名希望 07/07/31 PM10
自民党政権の安倍総理が二度も飼い犬に噛まれた 「偽善者キツィこのブログ」 07/07/29 AM04
新風連という勝手連−それでもポールシフトは起こる 「東洋の魔笛」 07/07/27 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp