アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
157164 地震や台風を人為的に引き起こすことは可能か?〜軍事利用目的で気象をコントロールする計画『HAARP』
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/07/19 PM00 【印刷用へ
『人為的に引き起こすことが可能な天変地異現象について』(小野寺光一氏のメールマガジン)リンクより転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地震というものは、もしかしたら、人為的に引き起こせるのだろうか?
また、台風も、もしかしたら、人為的に引き起こせるのではないか?
その可能性はあるのだろうか?

そんな疑問を抱くきっかけになったのが、今回の参議院選挙での最初の土日の台風4号と、その後、月曜日に晴れたと思った矢先におきた、新潟大地震だった。

ここまで偶然に一致するものはあるのだろうか?

 〜中略〜

米国では、人為的に引き起こせる地震や、台風、ハリケーンということに研究費を投じているという。

考えてみれば地震は、軟弱な地盤を探して、そこに、特定の電磁波を使用して誘導すれば、おそらく、引き起こされることは可能だろうと予測できる。

米国でこういった「気象」をコントロールして軍事利用しようとする動きに有名なHAARP(ハープ)というプロジェクトがある。

高周波オーロラ研究計画(HAAP)という名称である。オーロラを研究するというのは、実態とは関係ない名称であるようだ。

 〜中略〜

この疑問には、簡単に答えが出ないが、英語サイトを調べるとすでに、米国では「人為的に」地震や、津波、台風などを引き起こせる軍事技術が存在していることを多数のサイトで分析している。

リスク管理とはあらゆる可能性を視野にいれておくことが大事である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケムトレイル153069といい、HAARPといい、最近ネット上でよく見かけます。読んでみると「まさか!」と思うような内容ですが、小野寺さんが仰る通り確かに「あらゆる可能性を視野に入れる」ことは大切だと思います。

特に、『4つの目で世の中を考える』リンクさんのブログでは、詳細に調査されていてかなり参考になりそうです。
「HAARP」について、色々調べてみたいと思います。
 
  List
  この記事は 153069 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_157164
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
174856 敵国の気象コントロールによって洪水や干魃を引き起こす技術が存在する(米国海軍の研究機関) 匿名希望 08/04/23 PM09
167063 HAARPはいかにして他国に人工的地震を引き起こすのか?〜小野寺光一氏ご推奨の参考図書 猛獣王S 07/12/14 PM01
158853 各国の気象操作に関する記事 渡邊かお里 07/08/13 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp