暴走する悪徳エリートの所業
157162 温暖化は嘘、氷河期が到来している!A〜「地球温暖化」と言う作り話は切迫した真の問題を隠すための煙幕
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/07/19 PM00 【印刷用へ
「温暖化は嘘、氷河期が到来している!」ことは、現在は絶版となっている『悪魔からの警告』(笹川英資・著/1995年刊)リンクでも伺えます。

笹川英資氏は、地球が氷河期を迎えていることや地球温暖化への疑念を10年以上も前に指摘されています。以下に、同書のエピローグを抜粋します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■はたして地球は温暖化しているのか
(エピローグ――新世界秩序の成立を阻止するために)

 「氷河期」とか「氷河時代」という言葉が最近の日本のマスメディアでは禁句になっているらしく、現代用語辞典を見ても、申し合わせたかのように抹殺されている。
 日本のマスメディアの実績から言って、これが自主的な決定であるとは思えず、最新の歴史百科辞典なども、「氷河期」が遠い過去のエピソードであり、二度と人類に関わる事がないような書き方をしている。
 ところが「地球温暖化」などと言う作り話は切迫した真の問題を隠すための煙幕で、温暖化とは裏腹に氷河期が接近している。単に氷河期到来のタイミングに関する最新情報を持つ集団が、日本人をつんぼ桟敷の状態に置く事を望んでいるだけの話である。
 ここ数年来の世界的な異常気候は、氷河期到来の前ぶれ以外の何物でもない。さらに人為的な環境破壊が急速な氷河期到来に拍車を掛ける。氷河期にはヨーロッパや北アメリカは数千メートルの厚い氷に覆われ、世界の穀倉地帯は壊滅する。
 正確には、「氷河期が来る」という言い方は正しくない。なぜならば地球はすでに100万年以上も前から氷河期に入っており、地球の気温は約200万年前、鮮新世の末期から徐々に低下し始め、更新世には氷河が大陸の大部分を覆った。
 先史時代から現在に至るまで数千年間続いた暖かい気候は、「間氷期」と呼ばれる例外的に暖かい「小春日和」に過ぎず、氷河期は極寒の「氷期」が大体10万年読くと、1万年程の「間氷期」が訪れ、短期間だけ多少暖かくなるというパターンの周期を持つ。
 そして現在まで続いた間氷期がピークに達したのは日本では縄文時代であり、今の東京都は鹿児島県ぐらいの気候で、青森県は千葉県ぐらいであった。その後、気候は亜氷期と呼ばれる多少の変動を繰り返しながら徐々に冷却し、約1万年続いた間氷期は幕を閉じつつある。しかし10万年ほど待てば、再び間氷期の短い夏が訪れるのであるから絶望する必要はない。

 〜中略〜

 人間の歴史は洗脳テクニックの歴史であると言っても過言ではない。個々の人間がシャーマンであり得た時代を過ぎ、宗教が発生すると、社会は政治組織、宗教組織を通してコントロールする者(エリート)とされる者(家畜)に分類される。増えすぎた家畜は定期的に処分を受ける。
 20世紀の科学技術の発達に伴い、洗脳のテクニックも巧妙さを極めマイクロチップ移植、薬品、教育、マスメディアなどによる大衆操作が容易になり、コンピュータにより反逆者を簡単にマークできるようになった。
 21世紀の新世界秩序とは、数百年、数千年もの昔から計画されてきた人類の総奴隷化であり、その中で日本だけがその災いを逃れ得る、などという事はあり得ない。新世界秩序の成立を防止するには、二つ方法がある。

(1) 米国民のように、武器をもって自衛する(家畜の自衛)。
(2) 精神的に覚醒し、物質主義を脱する(家畜業の破棄)。

 (1)に関し、ウィリアム・クーパー氏は自由と米国憲法を守るために、武器をもって自身と家族を守り、陰謀に加担する政府機関に対抗するべきであると呼びかけている。影の政府が「無音兵器」により国民を攻撃し、戦闘状態にある現実を考えれば当然である。今や多くの米国民が所持している武器が新世界秩序設立の最後の壁となっている。
 であるからこそ、武装した米国民と交戦する目的に、東ヨーロッパ、中南米からの外国部隊が100万人以上国際連合の旗の下に派遣されている。
 新世界秩序を影で推進しているのは、サタンを信仰する秘密結社であり、一般人の意向などは度外視されている事はすでに述べた。一般人が「そのような事は常識で考えられない」とか「自称エリートだって人間であるはず」などと言っても無意味である。
 マスメディアは一般人の常識を狂わすために長い間、偽りの情報ばかり流し、さらに低俗な番組を通して国民の愚民化に積極的に加担して来た。マスメディア自体が言論の自由の最大の敵であるが、その動機は金であり、イルミナティが数百年にわたり各国の経済を掌握してきたのは、この状況を作り出すために他ならない。ウォール街の恐慌、米国経済の衰退から円高に至るまですべてが計画されていた事は、多くの識者が述べるところである。
 新世界秩序が陰謀である事実に気がつかなければ、日本人は真珠湾奇襲以上の愚行をくり返す事になる。「真珠湾」は、日本人の習癖を知り技いたルーズペルト等のイルミナティの罠に見事にはまった一例に過ぎない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  List
  この記事は 156838 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_157162
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
……で、地球温暖化は嘘でしたか。 「白銀の月に誘われて」 09/12/19 PM07
159906 「温暖化に向かう地球」で金儲けを企む人々@ 猛獣王S 07/08/28 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp