アメリカ→官邸→マスコミによる支配
156475 NHKによる酷い世論操作/NHK「特報首都圏」〈ネットの“祭り”が暴走する〉
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/07/09 PM02 【印刷用へ
『NHKによる酷い世論操作/NHK「特報首都圏」〈ネットの“祭り”が暴走する〉』(カマヤンの虚業日記)リンクより転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総務省による情報統制法案*1リンクを通すための、ひどいネット叩き番組NHK「特報首都圏」〈ネットの“祭り”が暴走する〉リンク 

なお、この番組内で「ネットの人々が行なっている」となぜか根拠なくアナウンスしている「光市母子殺人事件」での懲戒請求は橋下徹がテレビで煽ったのが発端だ*2リンク。だが、このNHK「特報首都圏」では橋下について一つも触れていない。まるでそんな人間はいないかのように。

また、番組冒頭2分ほどのところで、渋谷温泉施設爆破事件が「朝鮮総連の仕業だ」というデマがインターネットで流れた、と放送しているが、少なくとも私はそんなデマを見たことがない。NHKによる捏造報道なのではないか? と思われる。

5分ほどのところから登場する「ネットで祭を起こしている6人の男性」というのは激しくヤラセ臭い。

第一に、どうやって探してきたのだ? 彼らがwebでの煽動者であることをどうNHKは審査したのだ? 
第二に、彼らの喋り方が異様に流暢でこなれすぎている。台本があると思われる。
第三に、「アニメや特撮の影響」というオタク叩きを喚起させるためのムチャな話の流れになっているのが不自然すぎる。
第四に、このうちの一人が秋葉原に住んでいるというのが嘘臭すぎる。もしも彼らがピットクルー社員リンク リンクだというのなら「ああ」と得心するところがあるのだが、2chを見るのに専用ブラウザすら使っていないし、どうももっと浅い、捏造ドキュメント臭い。

このNHK「特報首都圏」〈ネットの“祭り”が暴走する〉は、インターネット統制をする地ならしとして、世論誘導のために製作放送されたと思われる。

「情報統制」関連 リンク
「呪的闘争」関連 リンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>「ネット右翼=オタク」が国民の敵であるから、インターネットを規制しろ、というそういう台本であったようだ。台本を書いたのは総務省か、その後ろのアメリカか。日本人をムダに憎悪で分断し消耗させるという、アングロサクソンが得意とする分断工作だと思われる。

>総務省による本格的なインターネット規制が現在準備されている。パブコメの締め切りは7月20日である。我々は、我々の情報を操作統制捏造しようとする国賊官庁の謀略に対抗しなければならない。

>念のために申し上げるが、総務省はテレビ局の監督官庁である。
リンク
 
  List
  この記事は 154820 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_156475
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp