サル社会を解明しよう
1549 原猿における共感機能の進化の流れ
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/16 PM09 【印刷用へ
共認機能は、初めは敗け猿たち(≒若オスたち)の間で、形成されました。そして常に、この敗け猿の中の強者が老首雄を倒して次の首雄になることを通じて、共感機能の遺伝子がオスにもメスにも遺伝してゆきます(注:その変異はY染色体以外の染色体にあるからです)。そして、その様な漸進的な変異が何万回となく繰り返されて、共感機能が発達してゆきます。この若オスたちの進化は適応態に達するまでずっと続きます。

次に首雄とメスですが、首雄は多数の若オス達と絶えず性闘争・縄張り闘争を繰り返しており、強い不全感を孕んでいます。従って共感充足の欠乏も強いと考えられます。それに対してメス間の縄張り闘争は、メスの縄張り数がオスの3倍あり、メスに加わる闘争圧力はオスに加わる圧力の1/3以下です。従ってメスの不全感は首雄の不全感より小さかったでしょう。

従って、まず首雄の性(本能)的期待+共感充足の期待が先行し、それに応える形で(メスも共感欠乏を孕んでいますので)同居するようになっていったのだと考えられます。そして結果としてその方がメスにとっても、出産時の安全や食糧確保上、有利(より適応的)であったので、その方向(同居し、雌雄相互の期待・応合回路を更に進化させてゆく方向)に進化していったのでしょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1549
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
262986 女磨きのヒントはサルの時から一緒☆ スガイク 12/04/13 PM10
脳の進化と活用、その可能性を探る〜「相手の心がわかる共認機能」、脳の発達からそれを解明する〜2 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/02/19 PM03
231603 これからの人類の展望に関して!? ヤマダ 10/05/13 PM11
231376 「原猿における共感機能の進化の流れ」を学んで感じたこと。 ポン 10/05/08 PM10
ホ.サル時代の雌雄分化 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/01/26 PM05
224067 【図解】実現論前史〜ニ.サル時代の同類闘争と共認機能−1 八幡早紀 10/01/12 PM03
223864 共感機能ゲットだぜ 三代知里 10/01/09 PM11
218115 共感機能(脳回路)は、どのように形成されたのか? ECHO 09/10/25 PM09
217995 共感機能の獲得は進化適応の賜 ヨネ 09/10/24 PM03
217535 「セックスレス」は、充足社会に変わって欲しいと言う事だった。 猪飼野 09/10/18 PM04
217516 「共認(心)の性」の原点は、逆境の中で獲得した共感機能(適応機能) ECHO 09/10/18 AM11
217502 共感機能は発達していく ヨネ 09/10/18 AM02
217495 【図解】原猿における共感機能の進化の流れ ギニュー特戦隊 09/10/18 AM00
203602 逆境は成長できるチャンス やっちゃん 09/04/04 PM10
182316 樹上生活の状況 竹田翔 08/07/29 PM03
180769 オスメスの解脱共認が、オス同士の共認回路を形成した。 むはひふ 08/07/07 PM08
154978 注視 d-ai 07/06/22 PM01
141333 弱オス(=敗者)の間で形成されたのに、なぜ人類にまで受け継がれてる? 匿名希望 06/12/30 PM01
141124 共感回路の封鎖 米澤祐介 06/12/27 PM11
140644 敵→仲間への転換 米澤祐介 06/12/20 PM06
136710 2000万年に亙る不全との闘いの果ての共感充足 雪竹恭一 06/11/07 AM11
134323 人類は個の保存ではなく集団の保存に可能性収束した。 むらいくと愉快な仲間達 06/10/15 AM00
122944 応合性は原猿以来なんだ〜。 匿名希望 06/06/20 PM11
122899 期待に応えることが、可能性につながる、充足につながる。 アユ 06/06/20 PM08
122800 サルの進化史でもついつい旧観念で考えてしまっていた! 三輪歩未 06/06/20 AM11
109605 サルを知ること 匿名希望 06/04/23 PM10
108636 共感・共認機能への遺伝子変異はY染色体以外の染色体にあるという根拠。 近藤文人 06/04/07 AM03
106483 現実を突破するために獲得したもの 匿名希望 06/02/28 AM03
106272 メスの体は生殖第一に機能する magarimame 06/02/24 PM05
106244 サルの性機能の進化 飛翔 06/02/23 PM11
105549 共感機能の遺伝子があるのがY染色体以外なのは何故? 庄恵三 06/02/11 PM09
101382 原猿首雄の不全⇒雌雄共感収束 ゲン 05/11/24 PM11
95040 猿人はどこまで人間だったか 1 シャコンヌ 05/07/24 PM01
82460 現在の男女関係は原猿レベル? サムライ\(`O´θ/ 04/12/12 PM10
82407 同居の理由。 中野恵 04/12/11 PM11
81978 首雄と弱オスの共認相手の違い 宮崎未帆 04/12/02 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp