サル社会を解明しよう
1549 原猿における共感機能の進化の流れ
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/16 PM09 【印刷用へ
共認機能は、初めは敗け猿たち(≒若オスたち)の間で、形成されました。そして常に、この敗け猿の中の強者が老首雄を倒して次の首雄になることを通じて、共感機能の遺伝子がオスにもメスにも遺伝してゆきます(注:その変異はY染色体以外の染色体にあるからです)。そして、その様な漸進的な変異が何万回となく繰り返されて、共感機能が発達してゆきます。この若オスたちの進化は適応態に達するまでずっと続きます。

次に首雄とメスですが、首雄は多数の若オス達と絶えず性闘争・縄張り闘争を繰り返しており、強い不全感を孕んでいます。従って共感充足の欠乏も強いと考えられます。それに対してメス間の縄張り闘争は、メスの縄張り数がオスの3倍あり、メスに加わる闘争圧力はオスに加わる圧力の1/3以下です。従ってメスの不全感は首雄の不全感より小さかったでしょう。

従って、まず首雄の性(本能)的期待+共感充足の期待が先行し、それに応える形で(メスも共感欠乏を孕んでいますので)同居するようになっていったのだと考えられます。そして結果としてその方がメスにとっても、出産時の安全や食糧確保上、有利(より適応的)であったので、その方向(同居し、雌雄相互の期待・応合回路を更に進化させてゆく方向)に進化していったのでしょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1549
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
262986 女磨きのヒントはサルの時から一緒☆ スガイク 12/04/13 PM10
脳の進化と活用、その可能性を探る〜「相手の心がわかる共認機能」、脳の発達からそれを解明する〜2 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/02/19 PM03
231603 これからの人類の展望に関して!? ヤマダ 10/05/13 PM11
231376 「原猿における共感機能の進化の流れ」を学んで感じたこと。 ポン 10/05/08 PM10
ホ.サル時代の雌雄分化 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 10/01/26 PM05
224067 【図解】実現論前史〜ニ.サル時代の同類闘争と共認機能−1 八幡早紀 10/01/12 PM03
223864 共感機能ゲットだぜ 三代知里 10/01/09 PM11
218115 共感機能(脳回路)は、どのように形成されたのか? ECHO 09/10/25 PM09
217995 共感機能の獲得は進化適応の賜 ヨネ 09/10/24 PM03
217535 「セックスレス」は、充足社会に変わって欲しいと言う事だった。 猪飼野 09/10/18 PM04
217516 「共認(心)の性」の原点は、逆境の中で獲得した共感機能(適応機能) ECHO 09/10/18 AM11
217502 共感機能は発達していく ヨネ 09/10/18 AM02
217495 【図解】原猿における共感機能の進化の流れ ギニュー特戦隊 09/10/18 AM00
203602 逆境は成長できるチャンス やっちゃん 09/04/04 PM10
182316 樹上生活の状況 竹田翔 08/07/29 PM03
180769 オスメスの解脱共認が、オス同士の共認回路を形成した。 むはひふ 08/07/07 PM08
154978 注視 d-ai 07/06/22 PM01
141333 弱オス(=敗者)の間で形成されたのに、なぜ人類にまで受け継がれてる? 匿名希望 06/12/30 PM01
141124 共感回路の封鎖 米澤祐介 06/12/27 PM11
140644 敵→仲間への転換 米澤祐介 06/12/20 PM06
136710 2000万年に亙る不全との闘いの果ての共感充足 雪竹恭一 06/11/07 AM11
134323 人類は個の保存ではなく集団の保存に可能性収束した。 むらいくと愉快な仲間達 06/10/15 AM00
122944 応合性は原猿以来なんだ〜。 匿名希望 06/06/20 PM11
122899 期待に応えることが、可能性につながる、充足につながる。 アユ 06/06/20 PM08
122800 サルの進化史でもついつい旧観念で考えてしまっていた! 三輪歩未 06/06/20 AM11
109605 サルを知ること 匿名希望 06/04/23 PM10
108636 共感・共認機能への遺伝子変異はY染色体以外の染色体にあるという根拠。 近藤文人 06/04/07 AM03
106483 現実を突破するために獲得したもの 匿名希望 06/02/28 AM03
106272 メスの体は生殖第一に機能する magarimame 06/02/24 PM05
106244 サルの性機能の進化 飛翔 06/02/23 PM11
105549 共感機能の遺伝子があるのがY染色体以外なのは何故? 庄恵三 06/02/11 PM09
101382 原猿首雄の不全⇒雌雄共感収束 ゲン 05/11/24 PM11
95040 猿人はどこまで人間だったか 1 シャコンヌ 05/07/24 PM01
82460 現在の男女関係は原猿レベル? サムライ\(`O´θ/ 04/12/12 PM10
82407 同居の理由。 中野恵 04/12/11 PM11
81978 首雄と弱オスの共認相手の違い 宮崎未帆 04/12/02 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp