暴走する悪徳エリートの所業
153883 報道の自由ではなく報道陣の自由などという初歩的矛盾
 
匿名希望 ( おとこ ) 07/06/09 AM01 【印刷用へ
『「報道の自由」を盾に、社会秩序を根底から破壊してゆく者たち』(152310)
を読み、マスコミ腐敗及び報道の自由を自分達の自由と履き違えるのは許されない行為である事が非常に良く分かります。

白鑞金's 湖庵(リンク )というサイトに、西武ー早大金脈廃墟という記事があり、その中でマスコミ腐敗の構図がいかに根深いものであるかを述べていますので紹介します。

以下転載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 早稲田大学とは何か。ただ単なる有名私立大学の一つに過ぎないなどとはもはや誰も考えていないだろう。
 厳正に調査すると明言した以上は決して避けて通ることが許されない大問題がそこにはある。

 昨日、テレビ朝日「サンデー・プロジュクト」を見た視聴者の中には、早稲田大学を経由したマスコミ腐敗の構図がいかに根深いものであるか、もう動かしようのない決定的証拠を見抜いた視聴者も少なくなかっただろう。

 ところで「サンデー・プロジェクト」放送の前日にあたる土曜日、「マスコミ・エリート徹底糾弾」と題して、次のように書いた。
一部、抜粋したい。
 ─────
 忘れたわけでもあるまい。作家の田中康夫が長野県知事になったとき、記者クラブ閉鎖問題が起きた。なぜ起きたか。
 誰よりもよく知っているのは取材する側、マスコミサイドであろう。

 理由など説明の必要もない。長野県議会議員と県庁とマスコミ取材陣との間だけで調整されてきていた、県民不在の、長年に渡る腐り果てた馴れ合い報道、爛れきった蜜月関係を突然絶たれそうになって慌てた。たったそれだけのことで。

 それほど騒ぎたいのならもっと他に騒ぎ立ててもいい問題が山積しているだろうに。いつどこでどんなふうに殺されても殺され甲斐のある報道というものがもっとあるだろうといっているのだ。

 何が報道の自由かというのである。報道陣の自由とはまったく違うのである。はきちがえていただろう、大真面目に。報道の自由ではなく報道陣の自由などという初歩的矛盾。自分達自身の小賢しい浅ましさに気付くどころか逆に酔ってでもいるかのような高飛車な態度。
市民を装った権力。

 そんなに楽しいか。知事「いじめ」が。その一方で「倫理」などと。まだ回復していないのだろう、「談合ジャーナリズム病」が。
 理解が行届いていない様子が紙面を通して実によく伝わってくる。
 いちど一斉に喪失したルールの、けして忘れてはいけなかったはずの深い意義。一朝一夕に取り戻せるとでも教えているのか、朝日新聞は。

 そんなセンスで平気で給料を受け取れる正社員らの無神経。
読者に重篤な精神障害症状を惹起させていることにも配慮できていない、無邪気で見え見えな情報操作の痕跡。プロのつもりか。
 ─────
以上である。

 田中康夫が昨日、同番組に出演することなど、実はまったく知らなかった。本当に知らなかったのだが、マスコミ界を巡る余りにも深刻な問題が、いまなお未整理のまま棚上げされた状態で隅へ隅へと追いやられ、視聴者に対する背任罪ともいうべき重大性を増々帯びてきたがために、内容に重なる部分が偶然生じた。

 ちなみにTVガイドならどこの書店やコンビニなどでも置かれているが、とりわけ情報番組に限っては内容の変更が少なくないので、TVガイド自体いっさい見ない。したがって田中康夫と桜井よし子の出演も当日の朝刊TV欄ではじめて知った次第だった。

 田中康夫が語り始める。問題だと指摘された土木事業に関わる書類の事実経過について。全国紙では報道されなかった、テレビでは実質犯罪者扱いされたうえに無視までされた事実について。

 すると突然、番組の中心人物である田原総一郎が手元の原稿をゴキブリのごとく、ガサガサガサガサとわざとらしくバタつかせて田中発言をさえぎってしまおうとする。そのため視聴者はよく聞き取れない。

 桜井よし子の主張にしても同様だった。田原総一郎のこれまでの主張ないし立場にとって都合のよくない発言が語られ始めると、また例によって例のゴキブリの合図のごとく、桜井発言に対する他のレギュラー・コメンテーターらによる封じ込め発言を阻止しようとはしないのである。そのために視聴者はよく聞き取れない。

 田原総一郎の現在の根城は朝日新聞ならびにテレビ朝日および早稲田大学である。さらに政治・経済のみにとどまらず、幼稚な知財窃盗の技を競うためのB・C級芸能作家の巣窟と化した日本文学界まで、マスコミを通じて何もかもを早稲田閥中心に回そう回そうと必死に工作している印象が如実に伝わってくる。小賢しいばかりでバカバカしいほど効果のない老醜のあがきは、視聴者にとってたいへん鬱陶しい。
穢らわしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
転載終わり
 
  List
  この記事は 152310 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_153883
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
日本全国総ドラマ化 「沈思黙考記」 07/08/04 AM09
154176 李登輝氏来日についての朝日の記事 アイスマン 07/06/12 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp