密室家庭は人間をダメにする
152572 「頭の中の密室」を許している限り、信じられない事件は後を絶たない。
 
福田尚正 ( 32 福岡 SE ) 07/05/25 PM02 【印刷用へ
リンク
YOMIURI ONLINE(読売新聞)の企画・連載『密室で消えた命〜泉崎・幼児虐待事件 (2006年8月4日〜7日)』の事件に、特に思う。
> 泉崎村で発覚した幼児虐待事件。児童相談所や村、学校、地域にとってこの両親に虐待の恐れがあることは、半ば「周知の事実」だった。なぜ誰も広ちゃんを救うことができなかったのか。

この事件もそうだった。
【密室】の問題であることは誰しも気が付いている。
【密室】だからこそ、未然に防ぐことが難しいことも…

しかし、このあたりで、誰しも思考が鈍ってくる…

それは、なぜか?
【“自分の”密室には踏み込まれたくない】という意識があるからだ。

ん?まてよ、、、
この自我意識こそ、【誰にも踏み込まれたくない密室】ではないか?

密室の問題は、物理的な密室よりも、意識的(観念的)な密室の方が深刻だ。「この子(この親)は、何を考えているか分からない」・・・これほど、怖い状況はない。【頭の中の密室】を許している限り、“考えられない”猟奇的事件は、後を絶たないだろう。
 
 
  List
  この記事は 152309 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_152572
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
174100 「頭の中の密室」=自我意識 倉田慈満 08/04/13 PM08
164729 コンビニに跋扈するモンスター客 tennsi21 07/11/05 PM07
密室状態から抜け出すには?? 「ブログ de なんで屋 @東京」 07/07/07 AM02
153485 生きている亀を電車ホームのゴミ箱に捨てる中学生 匿名希望 07/06/04 AM02
153035 【頭の中の密室】を開放する新しい場〜るいネットのようなインターネット掲示板〜 彗星 07/05/30 PM05
152606 思考の密室化 匿名希望 07/05/25 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp