子育てをどうする?
152480 5科目も何も関係ない子供
 
藤田公一 ( 25 兵庫 会社員 ) 07/05/24 PM09 【印刷用へ
苦手科目なんてとくに、
覚えられない→理科が苦手だから
問題がとけない→数学が嫌いやから
と、できない理由を苦手、嫌いだからとしてしまう。

仕事でもそう。
ミスする→事務が嫌いだから
成果がでない→営業苦手やから

これじゃ、何も成長しない。

塾の生徒ですごい子供の話を聞いた。
どの教科であれ、テストであれ、5教科の枠にとらわれていない。
例えば、テスト。
彼にとっては、「質問があるから答えるだけ。」
テストでさえ5教科という枠は関係ない。

他にも、普段の勉強。
新しいことを習うと、普通は「これ大事だから覚えておこう」「〜嫌いやから無理」などなど考えてしまうが彼は違う。
新しいこと知る→〜はなんで?→自分で調べる→〜はなんで?・・・
と新たな疑問がどんどんわいてくる。新しいことはそのつながりの
一つでしかない。

勉強にかかわらず、
質問される→答える、わからない→調べるっていうのは
当たり前の思考であり、それを実践してるからこそ
吸収できる。

逆に多くの人は、「苦手」「嫌い」という固定観念が邪魔して
吸収できない。大人になれば、それが当たり前になって
>自ら吸収しようとしない103220
という姿勢にかわっていく。
 
  List
  この記事は 103220 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_152480
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
182464 何のために勉強をするのか? 匿名希望 08/07/31 PM10
177562 実現思考とは何かを改めて考えさせられる投稿でした。 匿名希望 08/05/27 AM03
153814 質問があるから答えるだけ?! フレンチブル 07/06/08 PM01
153788 本来、人間は探究心や好奇心は誰でも持っている 匿名希望 07/06/08 AM02
153105 当たり前の思考 走馬灯 07/05/31 PM00
152886 「枠」を設けること 多田奨 07/05/28 PM02
『自分』というフィルターをはずそう☆ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/05/26 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp