環境問題が解決しないのは、何で?
152334 地球の温度の歴史から温暖化問題を考える
 
田野健 HP ( 46 兵庫 設計業 ) 07/05/22 PM11 【印刷用へ
本当に温暖化しているのか?それを判断する材料として地球の温度変化の歴史を見ていきたい。

地球温暖化が問題視されているが、平均気温を見ていくと1891年〜2006年までの上昇温度は0.8度になる。北半球で0.93度、南半球では0.66度になるリンク
100年で約0.7度上昇していることになり、このオーダーは地球史においてどういうレベルだろうか?

この1万年間の日本の平均気温の変化を見てみるリンク
実は100年で1度のペースで上昇したのはこの間で2回ほどある。一番大きな変化は7000年間〜6600年前で400年間で約4度上昇している。最も上昇した6600年前は現在より2度ほど温度が高い。

>6000年前(6500年前とする本もあり)をピークにする温暖な期間があった。太陽活動が活発で、年平均気温は現在より2〜4度高かった。7000〜5000年前までのこの時期をヒプシサーマル期、あるいは気候最適期と呼ぶ。氷河が縮小することにより、海面が上昇し、海面は現在より数m高くなった(縄文海進)。

さらに40万年の地球史を見ていくと−9度と+3度の間を10万年の周期で上下してきた。124719
むしろ、絶滅の危機は40万年間に5回訪れた寒冷化の時期にあった。

現在は2000年前から安定期に入り、全体としては500年前から100年で0.1度ほどのペースで緩やかに温暖化してきている。

0,8度の上昇をミクロで見ていくと1891年〜1980年の約90年間に0.5度、1980年〜2006年の26年間で0.3度上昇している。
100年で1度近い上昇ペースは確かに急激な温度変化の部類に属するのではあるが、大きく地球史の観点で見ていくと生物が生存許容できるレンジの中にある。再び必ず訪れる寒冷化へのアドバンテージにもなると言う説もある。

温暖化の問題は上昇温度の分析ではなく、複雑に絡み合う原因構造の解明にある。都市化、市場化、人口問題、自然現象・・・・。
そしてどうやっても避けられないのが地球規模で訪れる気候循環としての温暖化、寒冷化があることも忘れてはいけない。現在の文明社会は平均気温が1度上がっても1度下がっても極めて脆弱な構造をしていることを組み込んで温暖化問題を長いスパンからも俯瞰しておく事が必要だと思う。
 
 
  この記事は 152226 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_152334
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
企業を共同体化し、統合機関を交代担当制にする
農(漁)村共同体の建設
新理論の構築をどう進めてゆくか
脱貧困の素朴な願いが民主主義を媒介して、自我・私権欠乏にスリ変わる
金貸しが大衆を利用するための民主主義:大衆には名前だけの民主主義
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、41年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp