サル社会を解明しよう
1516 ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/03/16 AM03 【印刷用へ
 ゴリラ、テナガザル、オランウータン等から直接人間を俯瞰することは誤りです。
 人類の祖先はチンパンジーと共通の祖先(原チンパンジーと仮に呼びます)から枝分かれした種であり、ゴリラはその前に枝分かれし、更に現テナガザルやオランウータンは更にその前に枝分かれした種です。つまり人類進化には直結していない、別系統の種です。
 人類は原モグラ→原猿→(原)真猿→原チンパンジー→人類と進化してきたのであり、(従って夫々の段階の本能や機能を下敷きにし、それに新たな機能が先端的に塗り重ねられる形で進化してきたのであって)人類に話を結びつけるのであればその進化の流れにそう形で語られるべきです。性闘争本能→共認機能という順に進化を追ってきたのもそのためです。
 
ただし例示されたサルはいずれも大きくは真猿のテナガザル系統に属する種で、いかなる原理でそのような進化を遂げたのかを考えることは、真猿一般や原チンパンジーの姿を類推する上で更にその本質を理解する上で補強的に必要になる(勿論チンパンジーが最も参考になる事例ですが)かもしれません。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1516
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
172285 ヒトとサルをはっきり区分するのは納得できないです 羽田 08/03/12 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp