日本人の起源(縄文・弥生・大和)
15154 三内丸山の大規模化は同類闘争に備えるためではないか?@
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/11/01 PM10 【印刷用へ
三内丸山は最大時で500名の人員がいたようである。

これは自然増の結果と見る見方もあり得なくはない。しかし説明がつきにくいのは、後背地に豊かな栗林を抱えている、にもかかわらず村全体は海に向っている、と言う事である。
しかも彼らは巨大な矢倉を立て、かつ海に向って比較的広い道を作っていた。
これは海の幸の収穫のためだろうか?かつその道沿いには、通常は境界を(ムラの端)示すスト‐ンヘンジが作られている。

ここであくまで仮説であるが一つの見方を提示したい。
三内丸山のこれらの史跡や規模が示すものは、北海道南岸に面する異部族(例えば、原コーカソイド系といわれているアイヌ。これはすでに略奪闘争を経験している)に対する、同類闘争に備えるためのものではなかったのだろうか?

一つの理由はその規模にある。通常は500名の集団を維持しようとすれば、集団の多段階編成が組織論的に必要になる。つまり指導層(中枢分化)が必要になる。かつ小規模集団に比べて、統合上色々面倒な手段が必要になってくる。つまりある意味で一体化を損ないかつ「余計な」仕事が増えてくる。

誰も好き好んでそんな道を選ぶとは考えにくい。それを敢えて行ったと言う事は、その絶対的必要性があったからとしか考えられない。

その絶対的必要とは=同類闘争である。同類闘争に備えようとすれば、あるいは対抗しようとすれば、必然的に規模の拡大or連合が必要になってくる。あるいは指導層や戦闘部隊が必要になってくる。

そう考えれば、彼らが海に向っていた事も、矢倉=敵に対する監視塔の存在も、海への道路=部隊移動のため、も一定説明がつく。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_15154
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
183530 アイヌの起源再考 ゲン 08/08/18 PM10
155015 三内丸山は平穏な村落であったのでは マー 07/06/22 PM11
149791 三内丸山での生活で同類闘争はあったのか 匿名希望 07/04/20 AM07
15409 縄文時代の同類緊張圧力 細田卓司 01/11/06 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp