実現論を塗り重ねてゆく
151431 「現代の神官」の狂気
 
匿名希望 ( 43 東京 勤め人 ) 07/05/11 PM06 【印刷用へ
明治時代以降、西洋起源の個人主義を日本に喧伝してきたのは、他ならぬ文人系のインテリ階級と左翼系の教育機関である。その頂点に朝日新聞が君臨している。かつての左翼陣営は、資本主義隆盛の中で虐げられてきた労働者階級を懐柔すべく、政府や企業の私益体質を糾弾した。結果、特権階級が貪る私益は悉くマスコミの餌食となり、喧伝や教育の甲斐あって権利意識に目覚めた人々の意識を背景に最大の実権を握るに至った。

とりわけ「朝日」は、子どもや女性をフェミニズムで懐柔し、教育現場への親近性も強めて人々に肥大した権利意識を植えつけていった。肥大した権利意識は、現在の嫌煙権などの権利ファシズムや大量の自己中を発生させる。そしてその中心たる「朝日」自身が最大の特権階級と化して、今や誰にでも噛み付く狂犬のごとき存在となった。

もっとも恐ろしいことは、彼ら自身が人々の意識や関心を代弁していると思い込んでいる特権階級であることだ。売らんが為の誹謗中傷さえも厭わない卑しさを、特権意識で開き直る狂気に気づこうともしない思い上がりは、今の世の中にあって恐ろしく危険で、もはやあってはならない存在でさえある。不毛な批判に満ちた自己中の「紙面」は、過去から一貫して人々を誤った方向へ導いてきた。

>ところが、大学(人文系)やマスコミは、既に生命力を失い、形骸化したそれらの観念に未だにしがみついています。実際、彼らは百年も前から同じ言葉を繰り返しているだけで、本質的には何の進歩もみられません。これでは、当面する社会の閉塞や危機に対応できる訳がありません。今や多くの人々が、学者(人文系)やマスコミの論調にはウンザリしているのも、当然のことでしょう。968 

 
  List
  この記事は 968 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_151431
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動11 マスコミの共認支配
三文脚本家としてのマスコミ
小泉の支持率と目先の秩序収束
マスコミの煽動報道と、その最後
マスコミのからくり:::露出≒人気
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
ネット工作員の正体。
特権階級の自家中毒
なぜ学問は退廃するか
あれは、そうだったのか! 学者と報道の謎が解ける
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
それがどうした、いんちき教授!
潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)
原発:近代科学原理主義者たちの産物
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
朝日の捏造・・・1 何らの被害の声も出ていない類塾に、突然襲い掛かった朝日・・・
「報道の自由」を盾に、社会秩序を根底から破壊してゆく者たち。 
国民の「知る権利」を踏みにじる捏造報道
テレビが考える時間を奪う(清水幾多郎)
テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された
「小沢を切れ」と合唱する大新聞この国の大新聞は常にデタラメだった
新聞社による偽装の実態〜「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得
NHK解説委員・長谷川浩氏の変死事件
恐るべき全人類監視ツール『Facebook』の危険性
LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なカラクリ」が分かった。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp