暴走する悪徳エリートの所業
150997 マスコミと政府
 
村玉火子 ( 23 ) 07/05/05 PM00 【印刷用へ
マスコミは何かというと政治家を叩きます。
一般人の不満を、すべて政府のせいにします。それがわかりやすいからですし、政府には国民を安んじる責任があるからです。

しかも、それはマスコミ、テレビにとってとても都合がいいのです。
1、視聴者受けする、みんなが見ますし、納得しますし、話題になります。とにかく視聴者受けするネタが一番です。みんなが一も二もなく、そのとうりだと納得する内容です。(神の国発言、機械がどうたら発言)視聴者のこころを離さないことが大切です。

最終的には、マスコミを絶対権力に持っていくことが狙いであり、望みです。
段階として
a 馬鹿な視聴者に、マスコミ、テレビは正しいと信じ込ませる(ほぼ達成済み?インターネットが邪魔)
b マスコミ、テレビがもっとも崇高な情報媒体であると、信じ込ませる(ほぼ達成済み?インターネットが邪魔)
c マスコミ、テレビがもっとも崇高な情報媒体なので、他の情報媒体インターネット、本、雑誌は見てはいけないと、長いことかけてマスコミキャンペーンを張る。その後、他の情報媒体インターネット、本、雑誌を全て政府に圧力をかけて廃止する。
d マスコミ、テレビの絶対権力化へ向けて政府を落とす
e マスコミ、テレビの絶対権力化完了

2、お上を叩ける!政治家を批判することで、政府批判できます。あまり直接、政府批判すると政府からの圧力が加わり、とても都合が悪いのですが、政治家一人に対しての、各個攻撃くらいなら問題ありません。
いまは、大臣の微妙な発言を、取って批判するだけですが、最終的には、マスコミを絶対権力に持っていくことが狙いであり、望みです。
段階として
a 政治家を叩くことで、政治に事実上の影響力を手に入れる。(達成済み)
b 一部の政治家や、派閥、政党と手を組み、邪魔な政治家や組織をマスコミキャンペーンにて、社会的に抹殺する。
その暁には、テレビ局、マスコミ優遇処置を講じてもらう。(インターネット廃止、テレビ全家庭設置義務化、お金、等など、とてもおいしい)
c 一部の政治家や、派閥、政党との癒着を強め、他の情報媒体インターネット、本、雑誌の廃止をさせる。(先生、あいつらを倒すにはネットが邪魔です、なんとかしてください、お願いしますとか、先生の批判をネットがしてますよ、とか言う。もちろん長いことかけて、マスコミキャンペーンにて世論を反ネット化へ向けて修正、洗脳を行う。)
d マスコミ、テレビの絶対権力化へ向けて政府を落とす
e マスコミ、テレビの絶対権力化完了

以上のシナリオを描くには、みんながテレビを見つづけなくてはいけない。そのために楽しいテレビを作らなくてはならない。しかる後、それを習慣化させるのである、朝起きたらテレビを見る、家に帰ったらテレビを見る(完全達成済み、これを、半永久化する)
基本的に視聴者はテレビ、マスコミが善意でもってやっていると思いがちですが、悪意があります。極悪です。

マスコミ、テレビの絶対権力化が達成されるかどうかは、未来にならないとわかりません。

マスコミキャンペーンとは、全てのテレビ、新聞、マスコミが同じ印象のもと行う報道、情報、それにより固定観念を植え付ける
北朝鮮、常に悪い印象をあたえる報道をする、北朝鮮の素晴らしいところなんて、見たことも、聞いたこともない。(北朝鮮のせいで家族がバラバラ、貧乏、危険など)
 
  List
  この記事は 126067 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_150997
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
152865 マスコミ絶対権力化への道 村玉火子 07/05/28 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp