人類の起源と人類の拡散
150722 サルからヒトへの足の指の変異:『地上生活順応説』には物証もなければ論理的反証が多すぎる
 
土山惣一郎 ( 49 山口 デザイナー ) 07/05/02 AM08 【印刷用へ
>人類の指の形が変わったのは地上で生活するようになってから後のこと・・・【週刊朝日からの質問状より】

 この認識自体が固定観念ではないでしょうか?。

 私自身相当のエネルギーを使って文献を調べたことがあるのですが、地上生活に順応する過程で足の親指が対向性を失ったことを示す化石etcの物証は見つかっていません。したがって、物証だけからは、足の指の変異(=先祖がえり)が先か、地上生活が先かを結論付けることはできません。その意味で、類塾ネットの投稿の記述を誤りと断定することもできません。

 逆に専門家が言うように、地上生活が先であったとしたら、ほとんど木に登らず地上生活を営んでいるゴリラやヒヒは、なぜその生活様式に順応した足の指になっていないのか?という疑問が浮上します。

 しかも、ゴリラもヒヒも真猿類の進化系統樹上は、ヒトが原チンパンジーから枝分かれする遥か以前に登場しており(この点は最近のDNA解析の成果として証明済み)、地上生活をする霊長類としては彼らの方が先輩ですから、順応するための時間という観点からは、ゴリラやヒヒの方が有利です。ならば、人類の祖先は原チンパンジーではなく地上派のゴリラやヒヒである可能性の方が高くなるはずです。ついでに言うなら、ゴリラやヒヒから枝分かれしてヒトに進化した種がいたと言うなら、チンパンジーよりもゴリラやヒヒに近いDNAを持った人類の化石が発見されていてもいいはずです。

 しかし、これらの点は最近のDNA解析という言わば物証から、人類の祖先は原チンパンジーであることがほぼ明らかになりました。つまり、地上生活に順応するために足の指の形質が変わったという認識には、物証がないだけではなく、他の多くのサルの生活様式と進化論的思考との照合からも、論理的反証が多すぎるのです。

 以上のように、地上生活順応説よりもDNA変異説(=足の指の先祖がえり説)の方が多面的に論理が整合しています。

 そもそも、物証だけで結論付けられないからこそ、様々な現象事実を論理的に組み立てて仮説を提起していく中で人類は科学を発達させてきました。これが科学的思考や事実追求の王道であることは人類史が証明しています。おそらく、自由で科学的な思考には、権威のある方のお墨付けなどむしろ邪魔で、論理整合性に立脚した事実を重視するスタンスにこそ生命線があると感じるのは私だけではないと思います。
 
  List
  この記事は 150312 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_150722
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
319081 【人類の起源】猿人ルーシー、木から転落死か 新たな骨格分析で示唆 瀬部倫一郎 16/08/31 AM00
「続・人類の拡散」シリーズ 〜化石は語る【頭蓋骨の謎】〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/04/16 PM05
人類の起源−4〜論理整合性に立脚した事実を重視するスタンスにこそ生命線がある〜 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/20 PM09
217675 逆境で進化したって本当? 第14稿 松井英仁 09/10/20 AM10
217672 逆境で進化したって本当? 第13稿 松井英仁 09/10/20 AM09
「人類の誕生」プロセス 仮説 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/05/02 AM00
171868 人類やサルにとってビタミンでも他の生物にとってはビタミンじゃない? tanvool 08/03/03 PM10
168848 極限時代の突然変異は現在よりも起こり易いのではないか? 竹田翔 08/01/11 PM09
人類はどのようにして共同体を作るようになったのだろう? 「共同体社会と人類婚姻史」 07/10/23 PM10
160663 最強種でさえ、足の指で枝を掴める機能を残している 匿名希望 07/09/07 PM00
サルからヒトへの足の指の変異は、なぜ起こった? 「Biological Journal」 07/05/14 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp