実現論を塗り重ねてゆく
150719 手で書き、手で消す。
 
阿部佳容子 ( 44 大阪 営業 ) 07/05/02 AM06 【印刷用へ
「コピペ思考」という記事が載っていた(’07.4.20 日経新聞)。

>検索で欲しい情報を探し出し、すぐさまコピペして人に伝える。インプットもアウトプットも反射的にできる時代になった。新たな知を生むネットが、モノをじっくり考える力を衰えさせる。

「考えたつもりになる」、いわば思考の主従逆転現象に警鐘を鳴らす記事だった。

ネット世代とは言えないが、卒論以降社会人になってから、DOS→ワープロ→ワード/エクセルとひととおりの文書作成機器の進歩と歩をともにしてきた。字の下手な私にはうってつけの文明の利器、重宝してきた。

最近、仕事で企画書(のもと)をつくる機会が増えた。あちこちから集めた情報を集約し、課題を整理し、相手の不全≒核心をあぶりだす作業が大前提としてある。その仕事を始めてまもなく、ワード・エクセルでは対象に迫りきれないもどかしさ、手ごたえの薄さを感じた。

紙とペン(シャープペン)に持ち替えてみた。

書いては消し、消しては書いていく、その繰り返し。ぼんやりとした過程の中で、点と点が繋がり線になり、何となく見えてくる。そこからさらに、書いては消し、消しては書きをひたすら続けると、線が一気に形となって現れてくる。グィッと相手(対象)に接近した感覚。

書いては消す、消しては書く。

手と脳を繋げる線があるとすれば、その線を太くしていく過程。行きつ戻りつの反復作業が、思考の核心=幹を太くしていくには不可欠なのではないか?そのように思い至った。

最近、シャープペンではなく鉛筆に持ち替えた。

書くほどにどんどん芯が丸くなり、カシカシとわずかに紙にひっかかりながら滑っていく感触が、それまで実体のなかった観念を、体で実感できるものに変えてくれているように思う。手と脳を繋げていた線が足の先まで繋がったといったら大げさだろうか。

>『結果にしか関心のない単線脳から、つながりが追える構造脳へ。』(150292)

手で書き、手で消す。手で書き、手で消す。

人類が本来あるべき姿、潜在思念と観念をガッチリ繋げるために、立ち戻るべき原点ではないだろうか?

 
  List
  この記事は 150292 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_150719
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
334541 なんだって身につけたければ、間違いを恐れずに手を動かし続けろ 天野 弘 18/04/01 PM10
320918 手を動かすと脳が活性化する 斎藤幸雄 16/10/24 AM00
305461 学生は今すぐ「ペンとノート」に持ち替えよう!アナログスタイルが勉強に効く、5つの理由 野崎章 15/07/01 AM10
290171 日本人がFAXを捨てない理由 加藤弘行 14/05/13 PM00
290123 「手で描き、手で消す」・・・デザインの原点 佐藤賢志 14/05/11 PM10
289032 手書き描写が人の思考を突き動かす 14/04/06 PM09
まる文字が消えた!? 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 09/03/11 PM06
180945 入力と出力の「反復」の重要性〜脳は「入力」より「出力」で記憶するらしい〜 近藤文人 08/07/10 PM06
165686 コピペ思考はアホになる。 めぐみ☆ 07/11/22 PM00
【ミス撲滅実践編】脳で書いてみよう〜!! 「これからは探求の時代」 07/11/17 PM07
手を動かす☆.。.:*・° 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 07/05/09 PM08
151135 小2の3割が「一つ」書けず!? 匿名希望 07/05/07 PM11
150721 デジタルからアナログへの再転換:人間は所詮アナログ 静剛 07/05/02 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp