現代意識潮流を探る
149729 鬱病の根本原因
 
匿名希望 07/04/19 PM04 【印刷用へ
>現在鬱などでは、ストレスを避けてリラックスするように、という処方箋が出されるが、これは活力を削ぐだけでなく、根本原因のズレをそのままに精神病理をますます進行させるだけである。

「捨象」が最も有効な処方箋とされている限りは、
鬱病人口が増加していくのみでしょうね。

現代が「ストレス社会」と認識されている、その根本原因が理解できれば、社会問題でも何でもない。

>圧力ではなくズレが原因だとすれば、主体の意識そのものを私権第一から共認へ(共認圧力=同類圧力を対象化できる認識へ)と塗り替える必要がある。新認識は現代の精神病理の処方箋でもある。

意識を塗り替えられれば、古代から脈々と受けつがれている人類の活力源と一致させられる。旧観念が根本原因であると認識すれば、自然と新認識へ意識が向かうはずである。
 
  List
  この記事は 148821 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_149729
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp