生命原理・自然の摂理
149485 地球の歴史と進化カレンダ−
 
高田敦 ( 42 大阪 塾講師 ) 07/04/15 PM07 【印刷用へ


地球の歴史46億年を1年間のカレンダ−に置き換えてみました。
ほぼ地球での150年がカレンダ−の1秒間に相当することになります。
1月1日に地球が誕生したとして、最初の生命が誕生するのが2月25日。
古生代のはじまりが11月18日。
生物が生まれるまで、大変な変化の連続と偶然な幸運があったようです。
そして、人類が登場するのが、なんと12月31日の大晦日。
科学技術を得たのが、23時59分59秒です。

==============================

1月 1日 46億年前 
原始地球の誕生 
1月 8日 45億年前
1月12日 原始地球に天体が衝突し、地球と月が分離する 
1月16日 44億年前
地殻の形成が始まる
1月24日 43億年前
2月 1日 42億年前
2月 9日 41億年前
地殻がほぼ固まってきて、陸と海が生まれる
2月17日 40億年前 
原始の海の中で化学反応によってしだいに複雑な物質が作られ
生命の素材となるタンパク質や核酸が生まれる
2月25日 39億年前
最初の原始生命が誕生
3月 5日 38億年前
3月13日 37億年前
3月21日 36億年前
3月29日 35億年前
光からエネルギーを吸収するバクテリアが登場
4月 6日 34億年前
4月14日 33億年前
さまざまなバクテリア類が増えていく
4月22日 32億年前
4月30日 31億年前
5月 7日 30億年前
5月15日 29億年前
5月23日 28億年前
5月31日 27億年前
この前後から地球に強い磁場が出来、宇宙から降り注ぐ有害な
粒子をさえぎるようになる光合成を行うシアノバクテリア
(ラン藻)が登場し、コロニーを作って酸素の放出を始める
6月 8日 26億年前
この前後は火山活動が活発で大陸の成長が進む
6月16日 25億年前
6月24日 24億年前
6月28日 
この前後しばらくの間、地球全体が氷に覆われ凍結する 
7月 2日 23億年前
7月10日 22億年前
細胞に核を持つ真核生物の登場
7月18日 21億年前
大気中の酸素が増えてくる
7月26日 20億年前
8月 3日 19億年前
この前後に最初の超大陸が誕生し、その後ゆっくりと分裂していく
8月11日 18億年前
8月19日 17億年前
8月27日 16億年前
9月 3日 15億年前
この前後から、分裂していた大陸がしだいに集まり始める
9月11日 14億年前
この前後に超大陸が形成され、その後ゆっくりと分裂していく
9月19日 13億年前
9月27日 12億年前
多細胞生物の登場
10月 5日 11億年前
10月13日 10億年前
この前後に、超大陸「ロディニア」が形成される
10月21日 9億年前
10月29日 8億年前
この前後から、超大陸「ロディニア」が分裂を始める
11月 6日 7億年前
このころから、地球全体が凍結するほどの寒冷化と温暖化が
繰り返し訪れる
11月13日 
このころ寒冷化が収まって、温暖な気候が続いていく
11月14日 6億年前
このころからオゾン層が形成され、有害な紫外線をさえぎる
ようになるエディアカラ生物群と呼ばれる大型多細胞生物の
出現、骨格を持つ動物も現れる
11月17日
この前後に、分裂していた大陸が集まって南半球に超大陸
「ゴンドワナ」が形成されるエディアカラ生物群が絶滅する 
11月18日
カンブリア紀動物群の出現、生物が爆発的な多様化を始める 
11月22日 5億年前
11月23日 
魚類の出現 
11月27日 
午前4時ごろ、生物の大量絶滅が起こる
浅い海や河口付近に藻類が進出し、湿地にコケ植物が進出する 
11月28日
植物が陸へ上がる 節足動物が陸へ上がる 
11月29日
魚類から両生類が分かれて陸へ上がる 
11月30日 4億年前
この前後から、超大陸「ゴンドワナ」が分裂を始める 
12月 2日
午後10時ごろ、生物の大量絶滅が起こる 
12月 3日
大森林が広がる
両生類から爬虫類が分化する 
12月 5日
このころから気温が低下して氷河期に入る 
12月 7日
爬虫類が多様化していく 
12月 8日 3億年前
12月10日
氷河期がしだいに収まってくる 
12月11日
この前後に、分裂していた大陸が集まって超大陸「パンゲア」
が形成される 
12月12日
海洋全体が極端な酸欠状態となる
午前2時ごろ、史上最大規模の生物大量絶滅
12月13日
恐竜時代始まる
最古の哺乳類とされるアデロバシレウス登場
(尻尾の短いネズミのような体型で、体長10−15センチほど) 
12月15日 
超大陸「パンゲア」が分裂を始める
正午ごろ、生物の大量絶滅が起こる 
12月16日 2億年前
12月18日 
超大陸「パンゲア」が北と南に分かれる 
12月19日 
鳥類の出現 
12月21日 
超大陸「パンゲア」から分かれた北と南それぞれの大陸がさらに
分裂していく
12月24日 1億年前
このころ地球全体が温暖化
12月25日 
恐竜が全盛期 
12月26日
午後8時17分ごろ巨大隕石が地球に激突して恐竜が絶滅 
ほかの生物も大量絶滅
生き延びた哺乳類の中からリスに似た原始霊長類が登場 
12月27日
哺乳類の繁栄が進む 
12月29日
午前6時ごろ類人猿の祖先となる狭鼻猿が登場 
12月31日
午前10時40分 類人猿から猿人が分かれる
午後11時37分 現在の人類(新人=ホモ・サピエンス)誕生
==============================
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_149485
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
地震ってなんだろう?(3)〜「美しい=バランスが命!」〜 「地球と気象・地震を考える」 07/11/11 AM00
151585 多細胞生物の起源は? チウエ* 07/05/13 PM08
149882 感謝の気持ちがあふれてきます 川田宏子 07/04/20 PM11
149760 地球の歴史と一般的に言われる歴史 クレイン 07/04/19 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp