生物の起源と歴史
149331 親子関係に拘るのは、人類だけ?!
 
川井孝浩 HP ( 34 東京 設計 ) 07/04/14 AM07 【印刷用へ
2194 もともと、生物には親子関係など無かった

>生物にはもともと親子関係など存在しなかったのです。例えば単細胞生物は、どんどん分裂して新個体が環境の中へと拡散してゆくだけです(彼らは互いに仲間であることを認識する機能は持っていますが、親子であることを認識する機能など、持っていません)。それは魚類や両生類でも同じです。つまり新個体は放っておけば新世界(環境)へと泳ぎ出してゆくのが、当然なのです。なぜなら、それこそが生命の根本的な適応原理たる個体(同類他者)の多様化原理に適った在り方(補:同類他者の変異が多様なほど、種としての適応が有利)だからです。

では、何故人類はわざわざ適応原理に反する親子関係や血縁に対する拘りを持つのか?

その源流を考えてみると、大きく二つの段階が考えられる。

一つ目は、相続の必要性。

哺乳類、とりわけ類人猿〜始原人類の集団形態は一部(チンパンジーなど)を除き、母系制集団であった。この場合、母・娘間の繋がりは強固なものであると言えるが、それは親子間の繋がりというよりも集団維持の必要性から組み込まれたものである。
参考:1321 哺乳類の性闘争本能 

息子=移籍、娘=残留という仕組みは、種の存続に有利な集団形態として、今でも大多数の哺乳類に踏襲されたシステムである。

しかし、人類が略奪闘争を勃発させ、私権闘争激化→力の原理による国家の形成へと至る過程において、序列維持の為に生涯固定の身分制度が形成されます。母系制集団は壊滅され、その代わりに父系制の相続制度、父・子関係が強化される。

実はこの段階で、既に上記の生命の根本的な適応原理を逸脱している事になる。より強い子孫を残すための淘汰適応の原理が、私権維持の為の私的選択によって歪められてしまっているのだ。より強い自我私権によって、権利だけが継承される、という形で。

2世議員、親の七光り、などが現代でも皮肉の対象にしかなっていないのは、自然の摂理に反した当然の批判とも言えるのかもしれない。

そして二つ目が、近代思想の代表格、個人主義の横行であろう。

近代市場の開花と共に、万人が醜い私権闘争へと参加し始めて以降、実は親子関係ですら私権闘争上は敵対関係となるのが当り前の世の中となった。しかし、その醜い現実を本源風の観念で巧みに覆い隠してきたのが、個人第一、という観念である。

すると、実は本当に大事なのは親子なのか?自分なのか?という疑問が沸いてくる。

よくよく考えてみると、現在の親元収束の潮流も、一見本源風な規範が見え隠れするものの、実態は「自分の」親や「自分の」子を自分の為に近くに置いておきたい、というだけの極めて自己中な意識こそが本流であって、親子という観念はもっぱら自己中を正当化したいが為に使われる言葉として捉えたほうが良さそうである。

もちろん、哺乳類も人類も、保育期間においての母子(親子)関係は非常に重要なものである事は変わない。しかし、その過程の先には、生まれながらにして全ての子孫に与えられた、種の存続という役割が存在している事を忘れてはならない。

保育期間を過ぎても親子離れができないとどーなるか?

既に絶滅種との噂も出始めている、ニート。このまま無圧力な家庭に囲い込まれていれば、文字通り生物として不適応態となる事は間違いないだろう。
 
  List
  この記事は 2194 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_149331
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp