環境データ(気候を含む)
149327 日本の公害の歴史〜薬害
 
渡辺卓郎 ( 35 東京 設計士 ) 07/04/14 AM05 【印刷用へ
古くはペニシリンショックやスモン病、クロロキン網膜症などがありますが、どれも、健康でありたいと願う人がよかれと思って服用した薬が、むしろ災いとなって害をなしたものです。

■ソリブジン事件

帯状疱疹治療薬薬として開発されたが、治験中に3人が死亡したまま認証され、結果として23人が死亡した。
最初の死亡例が開発元の日本商事に報告された直後、社員175名が自社株を売却し、インサイダー取引容疑で捜索された。

■サリドマイド

昭和30年代半ば頃、服用した妊婦に四肢の奇形児が生まれることが問題となった。
元はてんかん患者に抗痙攣剤として処方されていた睡眠剤だったが、副作用が少なく、大量服用による死亡もないため、睡眠薬や妊娠時のつわり軽減薬として処方された。
西ドイツで開発されたサリドマイドを日本の製薬会社が模倣品として販売し、ドイツ本国で薬害が報告された後も半年間販売されつづけ、309人の被害者が生まれた。実際は認定児数以上に死産が多いとされる。


■薬害エイズ

血友病の治療法として血液製剤が普及しだした1980年代、同時期にアメリカで広まっていたエイズ患者から売血された血液を原料として製造された非加熱製剤を治療に用いられた血友病患者のうち、40%がHIVに感染し、エイズを発症し死亡した事件。

治療の過程で、製薬会社と厚生省、大学教授らの予見可能性が議論となった。加熱製剤の承認が日本ではアメリカに2年遅れたこと、その間に血友病患者にHIV感染者が広まっており、死亡者が2人発生したにもかかわらず日本における最初のエイズ死亡患者を同性愛者と発表したことなど、国と製薬会社の責任が問われた。民事裁判では、当時の医療業界従事者の間で非加熱製剤の危険性は常識となっていた、と指摘されている。
感染者1800人、死亡者400人

'95年10月6日 東京地方裁判所 和解勧告に当たっての所見
リンク

■C型肝炎

薬害エイズにも関与したミドリ十字社の後身である三菱ウェルファーマが製造したフィブリノゲンによってC型肝炎への感染が拡大した事件。
人の血液の成分を原料とするフィブリノゲン製剤は、大量出血時の止血目的で多く用いられていた。昭和63年7月以降は、肝炎ウイルスとの因果関係が疑われたため、使用が制限されたが、その後もウイルス不活性技術が未確立なまま平成6年まで処方されつづけ、被害を拡大させた。

日本では、100〜300万人がC型肝炎ウイルスに感染していると推計される。慢性的な感染状態では自覚症状はほとんどないが、長期に亘る罹患により、慢性肝炎・肝硬変・肝臓ガンなどを発症する可能性が指摘される。アメリカにおける調査では、成人の死因の1%を占める慢性肝臓病の内、40%がC型肝炎ウイルスによるものとされている。

C型肝炎ウイルス検査受診の呼びかけ
リンク

--------------------------------------

薬は人類の歴史と共に長く存在しましたが、素朴な薬(自然の葉をすりつぶしたものや、まじないの類のもの)ではそもそも薬効が低く、それは即ち副作用も軽微であることに他なりません。しかし、近年の技術力の発展によって微生物を利用したり、高度な抽出技術をもって製造された薬は効能も高く、劇的な効果を見せる一方で、未知の反応や重篤な副作用を及ぼすことが少なくありません。

さらに、薬が工業製品化され大量生産されるに至っては、国際的な被害の拡大が生じることになります。また、副作用情報がもたらされているにもかかわらず、それが十分に開示されず、企業の利益主義や官僚的対応によって、被害が拡大する事件が後を絶ちません。

この点において改善が見られないまま、現在脚光を浴びている遺伝子治療やデザインドラッグのような、更に高度かつ複雑な治療方法がこのまま進んでいけば、我々の想像もつかない副作用が待ちかまえているのではないかと思います。
 
  List
  この記事は 149323 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_149327
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
164171 薬害肝炎は自民党政権による国家犯罪だった! 猛獣王S 07/10/26 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp