アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
148667 2006年度のTOBは過去最高に、海外勢の買収やMBOが活発化>市場を超えた共認統合は待ったなし!
 
丸一浩 HP ( 40歳代 滋賀 農業 ) 07/04/05 AM00 【印刷用へ
<2006年度のTOBは過去最高に、海外勢の買収やMBOが活発化>
という記事があったので紹介します。↓
リンク

●このままでは、働く事や生産する事、その為の集団(=企業)が単なる売り買いの対象となりはて、社会の活力は衰弱する!!!
そして、日本の活力衰弱から経済的な没落、果ては文字通りの人類滅亡の危機に繋がって行くしかないと思う。
市場は社会を統合できない!

>要するに、市場はどこまでも私権闘争の抜け道でしかなく、従ってそれ自体では決して自立して存在できず、国家に寄生するしかない。だから、市場は、云わば国家というモチに生えたカビである。カビがどんどん繁殖すれば、やがてカビ同士がくっつく。世間では、それをグローバル化などと美化して、そこに何か新しい可能性があるかのように喧伝しているが、それも真っ赤な嘘であって、市場が国家の養分を吸い尽くせば、市場も国家も共倒れになるだけである。国債の暴落をはじめ、その可能性は充分にあると見るべきだろう。
(31251「超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない」)

★市場も国家も共倒れ!!!この投稿内容がいよいよ、現実の中に顕在化してきている。市場を超えた共認原理の社会統合機構の登場は待ったなしだと思う。

〜以下引用〜
[東京 3日 ロイター]2006年度の日本企業を対象としたTOB(株式公開買い付け)が件数・金額ともに過去最高となり、外国企業による買収案件のほか、投資ファンドによるMBO(経営陣による企業買収)が活発化していることが分かった。 

 M&A(企業の合併・買収)仲介会社のレコフ(東京都千代田区)の調べによると、2006年度のTOBの件数は、前年度から26件増加の79件、金額は前年度比16.9%増の2兆9985億円で、ともに過去最高だった。 

 米シティ・グループ(C.N: 株価, 企業情報 , レポート)による日興コーディアル・グループ(8603.T: 株価, ニュース , レポート)のTOBが最大の案件。4月26日までのTOBで、シティが日興CG株を52.16%取得すれば7743億円の規模となり、最大で1兆6766億円に膨らむ可能性がある。 
 スウェーデンのトラック大手のボルボ(VOLNB.ST: 株価, 企業情報 , レポート)は2月に日産ディーゼル工業(7210.T: 株価, ニュース , レポート)の完全子会社化を表明し、3月のTOBの結果、96.18%を取得した。金額は1597億円だった。また、米ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N: 株価, 企業情報 , レポート)による三洋電クレ(8565.T: 株価, ニュース , レポート)のTOBは5月9日まで実施しており、66.67%の取得で901億円だが、全株取得で1350億円に達する見通し。 

 さらに、TOBの大型案件には、すかいらーく、ツバキ・ナカシマ(6477.T: 株価, ニュース , レポート)、東芝セラミックス(5213.T: 株価, ニュース , レポート)、キューサイ(2596.T: 株価, ニュース , レポート)など、投資ファンドが手がけたものが目立った。 
いずれもMBOの一環で、ファンドが非公開化の資金協力をする案件だった。 

 一方で、TOBの手段だけでなく、合併・買収・資本参加・出資拡大などを含む06年度のM&A(企業の合併・買収)については、日本たばこ産業(2914.T: 株価, ニュース , レポート)による英ギャラハ
ー(GLH.L: 株価, 企業情報 , レポート)買収が最大だったほか、丸紅(8002.T: 株価, ニュース , レポート)・東京電力(9501.T: 株価, ニュース , レポート)の連合が米発電大手のミラント(MIR.N: 株価, 企業情報 , レポート)が実施したミラント・フィリピン売却を落札するなど、日本企業による海外企業の買収も目立った。 

 2006年度のTOBの公表金額上位は以下のとおり。M&Aの公表金額上位は下段の表となっている。 

◎2006年度のTOB・公表金額上位 案件と金額(取得比率) 

1) 米シティ、日興CGをTOBへ 7743億円(52.16%) 
2) 阪急(現・阪急阪神HD(9042.T: 株価, ニュース , レポー
   ト))、阪神電鉄をTOB    2498億円(64.77%) 
3) すかいらーくがMBO、野村プリンシパルなどとTOB
   2565億円(94.38%) 
4) 住友商事(8053.T: 株価, ニュース , レポート)、住商リース
   (8592.T: 株価, ニュース , レポート)をTOB      
   1832億円(96.54%) 
5) ボルボ、日産ディーゼル(7210.T: 株価, ニュース , レポート)
   をTOB          1597億円(96.18%) 
6) ツバキ・ナカシマ(6477.T: 株価, ニュース , レポート)が
   MEBO、野村系とTOB    1014億円(97.18%) 
7) 米GE、三洋電クレをTOBへ
   901億円(66.67%)―]0億円   
8) 東芝セラミ(5213.T: 株価, ニュース , レポート)がMBO、
   日米ファンドとTOB     830億円(92.32%) 
9) イオン(8267.T: 株価, ニュース , レポート)、ダイヤモンド
   シティ(8853.T: 株価, ニュース , レポート)をTOB
   688億円(60.25%)   
10)キューサイ(2596.T: 株価, ニュース , レポート)がMBO、
   大和系などとTOB      613億円(97.90%)  


◎2006年度のM&A・公表金額上位 案件と金額 

1) JT、英ギャラハーを買収    2兆2530億円 
2) 米シティ、日興CGをTOBへ   7743億円―兆6766億円 
3) 田辺製薬(4508.T: 株価, ニュース , レポート)、
   ウェルファーマと合併       5250億円  
4) 丸紅と東電、ミラント・フィリピンを買収    4000億円 
5) 阪急、阪神電鉄TOB・株式交換で完全子会社化 3740億円 
6) 新日鉄(5401.T: 株価, ニュース , レポート)がCB発行、
   みずほCBなど銀行団が引き受け        3000億円 
7) オリコ(8585.T: 株価, ニュース , レポート)が資本増強、
   みずほCBなどに優先株・DESも実施  2900億円 
8) すかいらーくがMBO、野村系などとTOB・株式交換で
   完全子会社化 2717億円 
9) ダイキン(6367.T: 株価, ニュース , レポート)、マレーシア
   のOYLをTOBで完全子会社化    2438億円 
10)イオンモール(8905.T: 株価, ニュース , レポート)、
   ダイヤモンドシティを吸収合併        2090億円 

注)M&A仲介のレコフ調べ。
〜引用終わり〜
 
  List
  この記事は 31251 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_148667
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
149926 EBO(従業員中心の企業買収)の可能性 羊熊 07/04/21 AM11
サッポロ買収劇に見る、野蛮な来訪者(ハゲタカ)の姿 「Financial Journal」 07/04/15 PM00
149242 骨抜き邦銀メガバンク、米シティのTOB資金の用立てに奔走。 持国天 07/04/13 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp