原始共同体社会
14853 三内丸山の交流と集団
 
細田卓司 ( 中年 香川 技師 ) 01/10/30 AM01 【印刷用へ
”縄文に学ぼう”より大竹幸一郎さんの説
 URL:リンク

>平和を愛する縄文の民は、新しい文化や人を受け入れることに積極的でした。海を渡る、国境の無い交流を続けたのも、そういう性格の為せることでしょう。

 北海道では、この性格が逆目に出ました。アムール河流域にあった、石刃鏃に代表される外来の狩猟民族に征服されたと思われる時期があるんですよ。ここにはじめて公開する私の仮説ですが、それまで全国どこでも通じていた縄文の言語に替えて、アイヌの祖先は征服者の言語を受け入れたものと思われます。今日のアイヌは縄文人そのままの原オーストラロイドの形態を色濃く残していますが、言語は民族的形態の異なる樺太アイヌと同じアイヌ語に変わりました。英単語の国のガイドブックのフランス語の歴史で見たようなクレオール化が起こったものと思われます。ただこういう変革をもたらした石刃鏃の民族は、突然出現したときと同じように、突如として北海道から姿を消してしまいます。彼らの石器や土器が、縄文時代早期の比較的短い期間の遺跡から出土するだけです。
 -----引用以上

・・・三内丸山の1500年にわたって営まれた500人の巨大集落が同類闘争圧力によるものとすれば,この外来狩猟民族に追われて,北海道から落ち延びたアイヌたちこそ,この集落を作った人たちではないか?そして同じく北海道から落ち延び日本海沿いに放散した同族たち,や三内丸山を第2の故地としてそこから放散した同族たちと,贈与の関係を結んでいたのではないか?
それであれば,新潟県糸魚川産ヒスイ、北海道十勝産黒曜石(外来の征服民族が突如として姿を消した後の事か?)、秋田産アスファルト、岩手県産琥珀などの多様な贈与品=贈与者の分布が腑に落ちる。
三内丸山が異例に食糧生産的には豊かであったようであるが,そこではポトラッチのような贈与者に対する歓待のお祭りが行なわれていたのではないか?
贈与者は,第二の故地で同胞たちとの旧交をあたため北の地を偲んだのではないか?
三内丸山(当時)は殆ど海辺であり,6柱のタワーからは北海道が良く見えたようである。


前提になっている,大竹幸一郎さんの
北海道の縄文人が>外来の狩猟民族に征服されたと思われる時期がある
・・・・・というのはどういう根拠によるのか?いつの時期か?
という疑問が残ります。


************************************************************************
蛇足ながら大竹幸一郎さんのプロフィール(下は,第2HPの)
URL→リンク
URL→リンク

65歳にして不良少年,本を自費出版し,ホームページを作ってはHTMLを極めて裏技を開発し,さらには第2HPをもUPし,合気道をたしなみ,1500mを泳ぎ,蕎麦を打ち,コーヒーを入れ・・・なかなか元気なお爺さん(失礼!)です。
 
  List
  この記事は 14552 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14853
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
14946 同胞から贈与への関係性は薄いのでは? 田野健 01/10/31 AM00
14859 三内丸山と中国(1) 田中素 01/10/30 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp