共同体社会の実現
148511 法律も万人の手で作られるべきだ
 
磯貝朋広 ( 34 奈良 技術者 ) 07/04/01 PM08 【印刷用へ
教育基本法改正、道路交通法改正、建築基準法改正・・・・
「法律改正」という言葉をよく耳にするが、これは氷山の一角だ。

今日、友人から、
「とある省庁に勤める官僚から聞いた話では、その省庁で年間約150本もの改正法案を成立させている。」
という話を聞いた。どうやら、その中身はさておき、「改正法案をたくさん作り出す」ことにも意味があるらしい。

正直、衝撃を受けた。
私たちの知らないところで、その中身もわからない法律が、こんな発想で作られているのだ。

「情報は開示されており、調べない人が悪い」
「自ら選出した人達による国会で最終決定されている」

と反論されるかもしれないが、そんな問題ではないと思う。

私たち普通の人は、生活するためにそれぞれが仕事を持ち、毎日一生懸命働いている。官僚や政治家が自らの利益や特権的身分を守る為に巧妙に仕組んだ法改正について、いちいち監視している暇などない。

現在の立法システム自体に問題があるのは明らかだ。

>あるいは、本来万人が担うべき社会の統合という課題に自分たちだけが高給をもらいながら関われる身分という意味で、特権的統合階級と呼んでも良いでしょう。(ちなみに、万人が社会統合という課題を担い得る可能性を秘めているのが、他ならぬこのインターネットなのです。)

特権的統合階級の横暴をこれ以上黙認することはできない。
可能性は見えてきている。
万人による社会統合機構を早く実現させねばならない、と改めて感じた。
 
  List
  この記事は 968 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_148511
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp