環境破壊
148281 「環境問題=生存圧力⇒科学技術で克服」は旧パラダイム
 
野村徹 ( 42 愛知 建築士 ) 07/03/30 AM00 【印刷用へ
>また、追求の結果、例え自然サイクル説の法が正しいという結果が出たとしても、今人類の過剰生産問題を考えるというのは、人類の未来を考える上で、重要だと思います。

>ところが、過剰生産を抑えるという最重要な課題は、二酸化炭素だけが原因という根拠希薄な論理にすり替えられ、過剰生産はそのままにして、二酸化炭素を減らす技術を開発するという、本末転倒の流れを作り出しています。147556

現在の環境問題は「全人類的生存課題」実現論4_2_03として捉えられず、私権闘争の同類圧力=CO2削減技術→新商品の開発→新たな市場の開発となっており、本質的な過剰生産問題は捨象されているのが現状です。

この構造を下の図解に沿って考えて見るとスッキリと理解できます。



500万年前  |生存圧力|       |期待応合|⇒観念機能
人類      |    |       | の  |  ↓    
        |環境問題|======⇒|同類圧力| 事実認識
        |    |       |    |  ↓
        |    |       |    |  ↓
6000年前  |    |  −−−− :    :  ↓
        |    | |私権闘争|:    : 科学技術  
        |    | | の  |:過剰生産: の発達
        |    |⇒|同類圧力|:問題は :  ↓   
        |    | |CO2削減|:捨象  : 生存圧力
        |    | | 技術 |:    : を克服
         −−−−   −−−− :    :←← 
      <<<<<パラダイム 転   換 >>>>>>>>
                     :    : 
35年前                 |期待応合| 共認機能
                     | の  |⇒観念機能
                     |同類圧力| の更なる
                     |    |  進化

【図解】実現論 場の転換 イ.人類500万年のパラダイム転換(後半)
144486 一部加筆


いま人々が感じている不全は、先端的に現れている環境問題(CO2の排出量や、温暖化の数値)よりも、過剰生産・過剰消費に対する違和感にあると思います。

このような社会になった原因分析とこれからどうする?という応え作りが、同類(人類)の期待に対する答えです。そのために共認機能観念機能をさらに進化していくことがみなに期待されている。

つまり環境問題=生存圧力⇒科学技術で克服という旧いパラダイムではなく、期待応合の同類圧力⇒共認・観念機能のさらなる進化⇒人類的課題に応える創造競走=共認闘争として環境問題を考えてく、このパラダイム転換こそ現在求められている認識である。
 
  List
  この記事は 147556 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_148281
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
炭素税をめぐる議論3 〜CO2削減に有効な政策は?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/11/22 PM06
炭素税をめぐる議論4 〜ポスト2012をどのような課題として捉えるか〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/11/17 PM11
炭素税をめぐる議論2 〜“環境”のお面をかぶった新たな徴税システム!?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/11/14 PM06
炭素税をめぐる議論1 〜エネルギー関係の主な税金の対象と使途〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 07/11/13 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp