共同体社会の実現
147926 必要か否かの判断の土俵の再生も支配共認の解体が鍵
 
橋田和弘 ( 26 高知 会社員 ) 07/03/24 PM06 【印刷用へ
>従来の私権的なるものの全ては(身分もお金も、あるいは物財も解脱も)、改めて『必要か否か』という土俵上で真っ当な判断の洗礼を受けることになる。(33995

 確かに、最近、『必要か否か』という判断に晒される場面が増えてきていると思う。オリンピックの誘致、官庁の新庁舎建設、ダム建設etc.・・・。一昔前までは、まるであたりまえのようにこのような事業が行われいただろうし、国民の方からも必要性に疑問をもつ声は殆どなかったんじゃないかと思う。

 また、貧困が消滅し、豊かさが実現されると、私権の強制圧力が衰弱し、私権のステータス的役割を果たしていた物品も魅力を感じなくなる。現在、市場に出回っている商品・サービスはタレントや有名人を使ってCM・宣伝活動を行い、付加価値(幻想)をつけることで、やっと売上を保っている状態だと思う。現在の市場に出回るもので本当に必要なものだけ抽出すると、生活必需品以外殆どないのではないか。

 それだけではなく、実現論にも書かれている通り、私権圧力が低下して。本源欠乏(共認欠乏と自然欠乏)が顕在化し始めたが、その潮流さえ、市場・旧観念に絡め取られてしまっている状態にある。(環境配慮型商品、NPO、資格志向、公務員志向など)

>『判断の土俵』を基礎とし、『人数』を評価指標とする新しい演場の中に、国家(身分)も市場(お金)も呑み込まれ、解体され、再統合されてゆくことになる。(33995

 付加価値も、旧い観念に基づく身分も、現実社会に必要であるか(有益であるか)を基準に、解体されつつあるが、やはり、重要なのは市場・旧観念を永らえさせている、支配共認の解体にあるんだと思う。

 
 
 
  List
  この記事は 33995 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147926
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
「経済破局に至る基本構造」
銀行国有化しかない
金貸しの没落=私権原理の終焉
2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
西欧近代:宮廷ユダヤが王族への借金をカタに近代国家システムを形成
日本銀行の通貨発行の仕組み
影に隠れて暴走してきた金貸しの支配が明るみになった
TPPをめぐる俗論を反証する@〜横行する数字のトリック、おかしな議論への反証
TPPをめぐる俗論を反証するA〜「国益VS農業保護」論は、国益に反する
国破れてTPP在り
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼル@
忘れられた経済学者シルビオ・ゲゼルA
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(2)カール・ポランニー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(3)ミヒャエル・エンデ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(5)エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハー
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(7)サティシュ・クマールその2
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(8)ヴァンダナ・シヴァ
脱金貸し支配・脱市場原理の経済理論家たち(9)宇沢弘文
江戸時代の思想11 大衆支配のための既成観念を全的に否定し、新概念を創出しようとした安藤昌益
現状の経済システムに問題あり
作られた物欲
過剰消費のもう一つの理由
消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性
国債残高
貨幣の問題をめぐってC
貨幣の問題をめぐってD
長期金利の上昇は本当に起こるのでしょうか?
市場「原理主義」の限界
市場は等価交換ではない、外部不経済を捨象している
等価交換など存在しない
消費の自由のいかがわしさ。
消費が変わる。消費を変える。
「所有価値」から「利用価値」への転換
市場社会は人間の欲望を飽くことなく増幅させるーーー金銭犯罪の五つの類型
フェアトレードは市場拡大の幻想取引ではないか?
自我経済学から共認経済学へ
「需要発から供給発へ」
諸外国の公共事業民営化はなぜ失敗したのか?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp