環境破壊
147556 『二酸化炭素より原子力の方が安全なの?』は、どちらも危ない
 
本田真吾 HP ( 50 香川 建築家 ) 07/03/19 PM09 【印刷用へ
>地球温暖化防止のために二酸化炭素排出量を減らさないといけない。
しょうがないから、その分のエネルギーを補うために原子力に移行して行ってると思うのですが、それって二酸化炭素より危険な感じがするけど大丈夫なんでしょうか?(146975

結構複雑な問題です。一つ一つ考えていくと

>地球温暖化防止のために二酸化炭素排出量を減らさないといけない。(146975

これ自体も正確ではありません。近年の地球温暖化は、測定結果を読み取ると事実と認定できるでしょう。しかし、その原因を、二酸化炭素と断定するには矛盾が多いという状況です。

ここで、二酸化炭素温暖化説を簡単に説明すると、

地球の温度を決めているのは、太陽エネルギーである。そのエネルギーが地球に入った分、外にも出て入いっているから、地球の温度は一定値を保っている。その出ていく方を妨げるのが、二酸化炭素のバリアーである。そうすると、二酸化炭素が増えると温度が上がる。よって、二酸化炭素を減らさないといけない。という論理です。

ところが、二酸化炭素が妨げる、地球から出て行く熱エネルギーは、多くの波長の中でも、非常に狭い範囲の波長に限られていています。かつ、かなり昔から遮蔽するに充分な濃度になっていて、これ以上増えても遮蔽量はあまり変わらないというのが結構有力な説です。

しかし、温暖化はしている。

ここで、温暖化の原因としては、自然サイクル説と人間の過剰な生産の結果説とに分かれます。そして、この数世紀の生産性の急上昇や、無分別な生産がその他の環境問題を引き起こしておるという事実からも、後者の説の方が有力です。

また、追求の結果、例え自然サイクル説の法が正しいという結果が出たとしても、今人類の過剰生産問題を考えるというのは、人類の未来を考える上で、重要だと思います。

その際に、過剰生産と二酸化炭素の排出量は、大きく正の相関関係にあります。だから、間接的指標として、二酸化炭素を用い、『過剰生産を抑える』ならば、温暖化防止に寄与出る可能性が高いのです。

ところが、過剰生産を抑えるという最重要な課題は、二酸化炭素だけが原因という根拠希薄な論理にすり替えられ、過剰生産はそのままにして、二酸化炭素を減らす技術を開発するという、本末転倒の流れを作り出しています。

しかし、その技術もよく調べてみると、それらの製品を作り出し、設置し、維持管理する総エネルギー量は、たとえば旧い火力発電所で電気を起こすより、遥かに増大しています。風力発電・太陽光発電・そして原子力発電も同じです。

だから、多くの環境改善技術とは、製品を作るまでや、維持管理の費用をのぞいて、省エネとかクリーンエネルギーといっているに過ぎません。しかし、その幻想価値は、先進国の市場制覇に大きく貢献するのです。

ということで、

>しょうがないから、その分のエネルギーを補うために原子力に移行して行ってると思うのですが、それって二酸化炭素より危険な感じがするけど大丈夫なんでしょうか?(146975

原子力の方が、トータル、より二酸化炭素を多くだすというのが事実です。現にその非効率性(≒二酸化炭素を多く出す。)を補う為に莫大な国の支援があり、その上で今の電力料金は成り立っています。それを、都合のいい宣伝によって、クリーンエネルギーと言っているだけです。

そして、日本も含めて、原発の安全性は、スリーマイル島やチェルノブイリと同等です。日本は技術的に大丈夫という発表をよくみますが、その意味は、上記の事故のような状態は起こらないように設計しているという意味で、同じ状況の反応が起これば防ぎようがないという事を意味しています。

端的いうと、スリーマイル島やチェルノブイリで起こった、急激な反応は想定していないから、そうなった場合は同じような事故になるということです。ところで、上記の2件についても、予測できなかった想定外の事故でした。これで原発が安全なわけはないですね。

 
  List
  この記事は 146975 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147556
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
168339 ウラン価格が20年ぶりに高水準に。国際金融資本家の刈り取りが始まったか!? 麻丘東出 08/01/02 AM11
157379 科学信仰と過信の幻想の崩壊〜中越沖地震での東京電力・柏崎刈羽原子力発電所事故より〜 彗星 07/07/22 AM11
152225 温暖化の要因と本当の問題について 1 本田真吾 07/05/21 PM05
148539 日本の環境放射能と放射線 てんてん 07/04/02 AM05
148281 「環境問題=生存圧力⇒科学技術で克服」は旧パラダイム 野村徹 07/03/30 AM00
リサイクル問題における狂った感覚 「Trend Review」 07/03/29 PM10
石油利権は反米諸国に移された 「Trend Review」 07/03/22 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp