健康と食と医
147504 花粉症をなおすには?  〜意外に観念(思い込み)の影響が大きい〜
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 07/03/18 PM11 【印刷用へ
>花粉症は薬を飲んでも根本的に治せるものではありません。体質を改善することが必要とも言われています。何か良い治療法があれば教えてください。(92169)

花粉症は、意外と観念的な思い込みが症状を加速させているのではないかと推測しています。
わたしは、20代の時から、長い間花粉症に悩まされましたが、最近は殆ど症状がでません。改善し始めたきっかけは、2年前に、なんで屋さんで花粉症のことを聞いてからです。

なんで屋さんは、一言
“花粉症なんて思い込みだよ”
その時は、なんて乱暴なことを言う奴だと思った。

しかしその一方で、一理あるとも思ったのです。
花粉症は、本来体にとって害はない花粉を、体が有害なものと認識することで免疫系が過剰反応を起こすものだ。
花粉が有害な大気汚染物質を付着させることで、人体の反応を誘発させやすい状態になっていること考えられます。

★そこで成り立つ仮説
花粉症の人は、花粉を有害なものとして近づきたくない。絶対に避けたいと思っている。ところがここに大きな落とし穴はないか?本来有害ではない花粉を、観念で有害と認定していることが、免疫反応を加速させているのではないか?と。
マスコミでも花粉の猛威をあおり、「こんなに花粉が飛ぶ」と毎日予報している。コマーシャルも、空気清浄機とか、どうしたら花粉を排除できるか?ばかりに意識が向いている。(観念支配の一例か?)
→そして、さらに免疫系が警戒を強める。・・・・という悪循環になってないだろうか?

●それでやってみたこと、
・まず花粉は、有害ではない、自然の一部と認識すること。 
→だからマスクも、くすりも必要ない。
・花粉って季節になれば飛ぶものだと考え肯定すること。決して否定しない
・深呼吸してもだいじょうぶだと確かめること。
・・・・・そして自然と花粉に感謝すること。

すると不思議なことに、即効よくなっていきました。今は全快です。
※否定視・警戒心が強い人と思う人は、感謝のトレーニング(76604)と合わせてやってみてください。

(それでもごくたまに、くしゃみがとまらなくなるときがあります。花粉の飛び始めるころとか、交通量の多い車道を走っているときなどです。それは、体が間違えて反応しているか、有害物質と一体になっているためです。体が間違えているときは、上記の方法、特に深呼吸が利くようです。)


 
  List
  この記事は 92169 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147504
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
265091 感謝と免疫力〜ベータエンドルフィンの効用 嶋崎あゆみ 12/06/05 PM08
自然の摂理ML selection☆*:・°〜花粉症を治すには!?花粉症は、“思い込み”と“腸の傷”が原因?〜 「地球と気象・地震を考える」 12/04/06 PM01
227050 子どもを花粉症にしないための9か条? ふぇりちゃん 10/02/23 PM07
花粉症を治すには・・?〜受け入れて、仲良くなろう♪〜 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 09/03/21 PM00
202523 おかげさまで、花粉症が劇的に改善しました☆ 匿名希望 09/03/20 AM07
148090 深呼吸をすることで無駄な観念から脱却できる ルル 07/03/27 PM01
147517 ありがとうございます。早速試してみます。>花粉症 シャコンヌ 07/03/19 AM01
147511 花粉症で深呼吸…それってスゴイかも?! 匿名希望 07/03/19 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp